8月
13
2006

東海市の花火

東海市の大池公園で開催されている花火を、家族で見に行きました。
http://www.city.tokai.aichi.jp/~shoukou/firef.html

行く前は曇り空で雨が心配でした。
東海市が会場の近くの大田小学校に駐車場を用意してくれていて、そこに車
を止めて会場までテクテク歩いていきました。1kmぐらいでしょうか。

着いたのは4時半くらいでしたでしょうか。強い雨がざぁーっと降ってきま
したので、木の枝の多いところを探して雨を避けて、そこで傘を指して雨が
通り過ぎるのを待ちました。地面はびちゃびちゃになりましたが、1時間ぐ
らいすぎると雨は止み涼しくなりました。

だんだんと人が集まってきて、周りはたくさんの人が敷物を敷き始めまし
た。妻が作ってきてくれた弁当を食べ、本を読んでいました。
辺りが暗くなり始めた7時20分に、花火が打ち上げられ始めました。

http://www.youtube.com/watch?v=CPT0MaGxulM
http://www.youtube.com/watch?v=YBA-iJs4yPY
(いくつかアップしたんだけど、一つしかうまく再生できませんでした。エ
ンコーダーの失敗かなぁ?)

地元には新日鉄や愛知製鋼などの大企業が多いのでしょうか、新しい種類の
花火もあり、8時半までの1時間10分楽しませていただきました。

帰りは少し道路が混みますが、駐車場も確保されており、比較的楽しみに安
いのではないかと思います。

しかし、ここまではいいのですが妻とは毎度の小さな喧嘩です。

妻は会場にできるだけ近くの駐車場へ行けというが、家を出たのは遅かった
ので無理だろうといっても信じてもらえません。駐車場はいっぱいだと予期
しているのに、近くの駐車場へ向かいます。「満員」と書いてあっても、
「何で行かないの?」と尋ねます。

「満員」と書いてあるでしょうと私は言います。「いっぱいだよ」
そして次の近い駐車場へ行けといいます。それを2?3回繰り返すと、私は
切れてしまいます。混雑しているところは嫌いですし、駄目だとわかってい
ることを単純に繰り返すのは嫌いなんです。

「もういいかげんにして。適当なところの駐車場でいいやろ。」
ぶすぅとしている。

「もう帰ろうか」
「家族の時間でしょ。あなた名古屋へ行くのか?約束したでしょ。」
今日は名古屋で人と会う約束をしていたのだが、ダブルブッキングをしてし
まった。

そのまま、局面は泥沼。

でも、結婚12年経つので喧嘩のストーリーは決まっていて、翌日になると
直っているようだ。喧嘩はたまにピリッと辛い調味料のように人生に味がつ
いていいのか、それとも喧嘩をしない穏やかな人生がいいのか。

花火のように、パッっと一瞬でも人を喜ばせるの方がいいのかもしれない。

Written by in: 楽天日記 | タグ:

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed