8月
07
2006

Grand Theft Autoというゲーム

少し前に、Grand Theft Autoというゲームが子どもにとって悪影響があるの
である地方自治体で18禁になったというニュースを読んだ。

Playstation 2でもPCでも販売されているゲームで、日本でもPlaystation 2
のものが手に入るだろう。

ゲームの内容としては、ある都市でギャングのボスから指示されたさまざま
なミッションをこなしていくというものだ。車やバイクやボート、そして飛
行機で自由に街を乗り回すことができるし、車などでアクロバティックな運
転もできる。

ただ自由度が高いために、その車やバイクを奪ったり、拳銃で市民を殺した
り、警察がいる前で赤信号にも関わらず高速を出してしまう。虐殺ミッショ
ンがあって、指定した時間に30人以上ギャングを殺すとか。

非合法な活動がゲームの中でできるというのは、ストレス解消になってい
い。ただゲームの中でそんな運転をしていたあとに、実際に車を乗ろうとす
ると「ここでアクセル踏んで赤信号を突き抜けてみるか」とか「横断歩道を
歩いている人をはねてみるか」とか一瞬頭をよぎる。

そこは、現実とゲームの世界が違うという認識ができる。しかし、子どもに
はできないのかもしれない。

昔、ブルースリーのカンフー映画を映画館で見た後は、全員がブルースリー
になったつもりで映画館を出て、「アチョー」と言っていた。ヌンチャクを
持って真似をする。高倉健の「ヤクザ映画」を見たあとは、仁義の世界に憧
れを持った。

ただそれから、その世界に飛び込んだ人は少ない。
現実と映画の違いをほとんどの人が認識できた。

まだゲームは現実と映画を錯覚するほどではない。映像は少しマンガチック
で現実と区別できるし、視覚や聴覚も現実と間違えるほどではない。しか
し、ゲームをしている最中は周りの気配などはまったくわからなくなり、
ゲームにのめりこんでしまう。

自分がギャングの一員になったり、マフィアの殺し屋になったりと錯覚す
る。あくまでもゲームの世界だと自覚しているので、自分が殺されてもさほ
どの後悔も痛みもない。

とはいえ、その世界の疑似体験ができることには違いない。どれだけゲーム
の世界か本当の世界かを自分が判断するだけだ。

小学生の低学年までの子どもは、物理的な世界の認識が難しいところがあ
る。太いグラスと細いグラスにジュースを入れるときに、細いグラスの方を
ジュースを多少かさを高く入れる。全体的なジュースの量は太いグラスの方
が多くても、子どもはかさの高い細いグラスを選ぶ。

ゲームの世界が現実と錯覚するぐらい近づければ、おそらく幼い子どもほど
現実と錯覚する。仮面ライダーカブトが現実にいると思っている子どももい
るのではないか。またアニメの世界もどれだけ現実と感じているか。

大人だって、テレビでいうことは真実を語っていると思う節もある。

いろいろと悪評をたたかれているこの、Grand Theft Autoというゲームシ
リーズであるが、実際にやってみると面白い。大きな町を車、バイク、ボー
トで疾走できるし、飛行機で街を上から見ることもできる。アクションゲー
ムとしても、鬼武者シリーズや三国無双シリーズよりも面白いと思う。ミッ
ションはミニゲームとして、ラジコンを操縦したり、パズル的な要素もあ
り、これまでのいろいろなゲームの面白さを含んでいる。

車やボートに乗ると、FM局のようにいろいろな曲がかかったり、ニュースが
流れたり、漫才を放送したりする。それを聴いているだけでも面白い。

Grand Theft Auto III
ニューヨークに似た街を舞台にしている。フリーのギャングとして、いろ
いろなマフィアギャングのボスの指令を受けて、それをこなしていく。とき
にはボスに裏切られる。暗い都市の感じがある。

Grand Theft Auto III Vice City
マイアミにた街を舞台にしている。こちらもフリーのギャングとして、い
ろいろなギャングのミッションをこなしていく。明るく突き抜けた南国の雰
囲気がある。ビルが比較的少なく、海のミッションが多い。

Grand Theft Auto III San Andreas
サンフランシスコに似た街を舞台にしている。マップが前2作も大きい
が、こちらはさらに大きい。1週するだけで10分以上かかりそう。黒人の
ギャングとなって、ミッションをこなしていく。自分が黒人になったよう
に、差別を受けたり、黒人の文化に直面したり、黒人になった気持ちを味わ
える。

たしか、Grand Theft Auto I, Grand Theft Auto IIはフリーソフトになっ
たと思う。IIIからは3次元の作品でリアルな感じがあるが、I, IIはゲーム
の内容はほぼ変わらないが上から見た2次元のゲームである。

http://www.rockstargames.com/

Written by in: 楽天日記 |

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed