7月
27
2006

天神祭りのパーティ

ずっと梅雨が続いておりましたが、やっと雨があがりましたね。今日はネッ
トチャンネルKYOでの収録を兼ねて、天神祭りのパーティに参加してきま
した。

パーティでは番組を作っている人が参加しており、いろいろなお話ができま
した。正直にいうとパーティは苦手なのですが、せっかくの機会なのでがん
ばって参加してきました(がんばるなよ!)。

しかし、番組に出させていただいているのに不謹慎ですが、自分で話題を
作って話すのは私自身まだまだ努力が必要だなと思います。みなさんお話が
上手ですので、もっともっと聞き役に回ったほうが楽だなと思います。でも
話を振られると話をしている最中からつまらなくなってしまいます。早く、
だれか突っ込んでくれないかなと。

今にして思えば「番組の構成をどうしているの?」「どんなところを苦労さ
れているの?」と聞いておけばよかったと思います。次の機会があれば是非
聞いてみたいと思います。次回はもっと相手に突っ込んで話をしたいと思い
ます。

パーティも夜の12時に近くなるとだんだんと疲れてきて、自分でも何をしゃ
べっているんだかやっているんだか、わからなくなりました。ここのところ
朝7時よりも前に起きて、夜11時頃には床についている生活を送っていま
す。それで結局夜2時くらいになると座ったまま眠っていました。(自分の
番組の確認や他の番組は、翌朝11時に事務所で見ています)すみません、後
片づけをするときには、いびきをかいていたと思います。

パーティで話していると、私の出ている番組「サイバーラボラトリー」がお
もしろいと言ってくださる方がいらっしゃいました。他の方にも勧めている
ともいってくださいました。とてもうれしいです。やる気が出てきます。

一緒に出演している、許さんが引き出してくれているから成り立っていると
思います。毎回「こんなのでいいかな?」「ネタがなくてつらいなぁ」と、
番組づくりを大変に思っています。収録が終わった後で「きちんと話せたか
なぁ、舌がうまく回ったかな。」といつも反省しています。そして自分の番
組を見るときは恥ずかしさが一杯です。

今きちんと収入が確保できていないのがつらいと前に書きました。
収録と準備を含めて週1日の時間を割いていますので、妻や母から「仕事が
あるわけでもないのにボランティアやって」と揶揄されています。私は他の
出演者と違って、テレビに出たいとか話したいとかという強い気持ちがある
のではなく、本業として目指しているわけではありません。たまたま自分の
宣伝のために機会を使わせていたいただいたいるという気持ちがあるに過ぎ
ません。だけど出させていただく限りにおいて、精一杯やらないとという義
務感を感じている。その気持ちの揺れがあり、精神的にぎりぎりのところに
おり、「いつも見ているよ」と言っていただけると、それからしばらくは
「がんばろう」と言う気持ちになります。

「番組を楽しみにしています」とか、この「ブログも読んでいますよ」とた
くさん言われたら、背中をポンと押されている気がします。あーあもう逃れ
られない。やらなくっちゃ、と思います。

ちょっと前にブログに書いたんですけれど、駄目だったらやめようかなと書
いてしまいました。でも、番組やブログを楽しみにしていただいたり、参考
になると言ってくださると、止めるに止められません。そして、独立して仕
事をしているのに、突然それを止めてしまっては申し訳ありません。何が何
でも、ずっと続けようと思います。そのために何があっても止めないように
しようと思います。(当たり前のことだと思いますが)

いま自分ができることは、少しでも時間が見つかるとプログラムを作り、目
標に少しでも近づけることです。実際に、パーティの間に取引先から電話が
ありました。パーティに参加されていたみなさんに申し訳ないのですが、1
時間ぐらいパソコンをいじって、プログラムの手直しと返答をしていまし
た。水をさして、どうもすみません。

Written by in: 楽天日記 |

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed