7月
03
2006

6/21のサイラボ放送原稿

ネットチャンネルKYO (http://www.nc-kyo.com/)で、毎週水曜日23時(木曜
日朝11時から再放送)に放送している「サイバーラボラトリー」の放送原稿
です。番組で聞きづらかったことやお話できなかったことをまとめようと思
います。

この番組の最後で咳が出てしまっていますが、それは放送中にからーいカ
レーライスを元プロレスラーののりつぐさんが作っていてくれたからでし
た。辛かったけれどおいしかったです。

1. Allofmp3.com、米政府、英政府が訴える

ロシアの音楽ダウンロード販売しているサイト(Allofmp3.com)がイギリス政
府に訴えられました。アルバム13曲ぐらいが$1で販売されています。日本の
曲も浜崎あゆみや倖田來未の曲もある。クレジットカードで$10をプリペイ
ドで買えば、簡単にダウンロードできます。

ファイルの種類(MP3, WAV, MP4など)が選べて、その転送レート
(128Kbps?320Kbps)を選んでダウンロードする。ファイルの容量で課金され
るようだ。音質がよければその分だけ高くなる。

なんでもロシアでは合法的に普通のCDが$3ぐらいで売られているらしい。だ
からダウンロードして楽曲を売る場合$1で売っても妥当だということだ。し
かも、この会社はロシアで合法的に販売しているといっている。

訴えているイギリスは、販売しているほとんどは外国である。イギリスでは
iTunesに継いで2番目に売上が高い。しかも、Allofmp3.comで売られた曲
は、著作権者にお金が戻ってこないそうだ。

国をまたいだインターネット、こういった問題は終わりそうにない。
いまのうちに買っておこう。私もShakiraの全アルバムを$5ぐらいで買って
しまった。

2. ライブドア、Eudoraなどの営業権を無償譲渡

ライブドアが販売権を持っているソフトの多くを他の会社に無償で譲渡する
そうだ。せっかくの権利を無償で譲渡するなんて、なにごとだろうか?

こんなことを株主は許していいのだろうかと言っているうちに、株主総会は
チャンチャンで終わってしまった。

できればこの営業権をわが社に譲って欲しかった。

宇宙旅行を16億円ぐらいでする日本人は、自分の会社をライブドアに売っ
て、そのときの交換株を売って儲けたそうだ。そのソフトが無償で他の会社
へいく、いったい何を考えているのだろうか。


3. 固定電話加入権、法人37社らNTTに提訴

とうとう法人37社と個人69人の固定電話加入権に関して、NTTに訴訟を起こ
した。税法でも資産として認められている。

固定電話加入権は正式には、施設設置負担金といい電話網の工事のための費
用として負担を強いられた。この固定電話加入権は他の人に権利を移譲でき
たので、売買の対象になった。

多くの会社は自分の会社の資産として計上されているはずである。
少し前まで72,000円だったが、2005年1月から半額の36,000円になり、近い
将来は無料となる予定である。

法的な解釈の違いを、裁判所はどう決断するだろうか?
私も72,000円、返してくれ?。

4. 東芝、2.5インチ200GバイトHDDを開発

ノートパソコンで使われているハードディスクがとうとう200Gに突入する。
今は80Gや100Gぐらいだと思うが、2倍になる。
単なる容量のアップではなくて、これは初めて垂直磁気記憶の技術が使われ
たハードディスクである。この技術で一気に200Gに留まらず、500G, 1Tへ向
かっていくと思われる。

垂直磁気記憶は、1980年ぐらいにサイエンスで読んだ技術なんだけど、もう
特許権が切れそうな時期に製品化されるというのも、なんだかなぁと思う。
特許権は時代にそぐわなくなっているからもっと短くしたら?ソフトウェア
なんて10年経ったら、もう石器時代だからね。

Written by in: 楽天日記 |

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed