6月
25
2006

【本】いいじゃない いいんだよ?大人になりたくない君へ

いいじゃないいいんだよ
書名: いいじゃない いいんだよ?大人になりたくない君へ
著者: 水谷 修+岩室紳也+小国綾子
出版: 講談社
値段: \1,300+税
ISBN4?06?213133?1

夜回り先生の水谷さんと、エイズや性を語る岩室医師、そして小国記者の3
人の共著である。

3人の対談集なのだが、小国記者がうまくまとめて1つの人格がかかれたよ
うに思える。先日紹介した大平弁護士の視点とは異なる別の視点から子ども
たちを見守る。

話し相手や相談相手となり、子どもと同じ目の高さで、寂しさを癒し、身体
や性の大切さを説く。すごくよかったと思うのは、性の大切さ。

安易に出会ってすぐにセックスまで至るのではなく、男と女の心理的な気持
ちを大事にしあうというところ。出合って気になる異性としてどうやって告
白しようという気持ちから始まり、半年ぐらいたって初めて手を繋いだとき
にビリビリと体中に電気が走る。そんな体験を経てから関係がだんだん深
まっていくと、お互いに身体を大事にしてくのではないか。20代になれば
セックスなんていつでもできるんだから、それまでしか体験できないことを
大切にして欲しい。

—————————————————————–

最近プログラムを必死に組んだりブログを力を込めて書いて、疲れてしまった。

Written by in: 楽天日記 |

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed