5月
31
2006

【本】聖なる予言


書名:聖なる予言
著者:ジェームス・レッドフィールド
訳者:山川紘矢+山川亜希子訳
出版:角川書店
値段:\1,800(税込)
ISBN4-04-791222-0

この本はベストセラーだったので、読んだ人は多いと思う。
本は冒険小説のような形をとっているが、物語の中で一つずつ予言が明らかになっていく。

南米のペルーで古代の写本が発見された。一つの写本には1つの予言が書かれている。全部で9つの予言があり、それを主人公が運命に身を任せて、いろいろな人と出会い、一つずつ予言と出会っていく。しかし、時期を同じくしてペルーの枢機卿がキリスト教の教えに反しているとして、それを妨害して写本を抹殺しようとする。

まず最初の予言は、シンクロニシティが次々と起こり、人々はそれを偶然ではなく起こるべくして起きた必然だと感じるようになる。

以下、小説にあるので興味ある人は読んでください。

待ちきれない人は、9つの予言の内容は以下に書かれています。これを読んでも小説には影響はないと思います。
http://plaza.rakuten.co.jp/plamchara/8001

映画がアメリカで封切られたそうですが、夏以降も日本で上映されるかな?
http://www.thecelestineprophecymovie.com/

さて感想ですが、Amazonでの書評のとおり読みにくいところはある。
でも物語としてはよくできていて、予言の難しい内容も伝わりやすい。

シンクロニシティはユングが最初に提唱したそうだが、それは事実としてありうるかもしれない。自分が会いたい人にタイミングよく会うことがあるし、知りたい情報にこれもタイミングよくあうからだ。ただ、目の周りにそういった人や情報はたくさんあるんだけれど、自分が目をつむってみていないだけかもしれない。それとも、何か別の力で呼び寄せているかもしれない。

科学技術は進歩をしているが、人間は進化を遂げたわけではない。スタートレックを見ていると、Qや別の異性人が人間より進化している姿を見せることがある。肉体の制限を超えて、魂だけの存在になったようなもの。人の発想力の限界なのか、そうなっても人間と同じような悩みや考えに囚われている。私たちの思考は肉体の影響をいたるところで受けている。爬虫類脳と呼ばれる、肉体欲や感情に支配されるところが根本で、大脳皮質の論理的な思考の部分は振り回されている。

人間が進化したらどうなるんだろうって、考えてみた。
———————————————————まあいいか。

本としては、The Goalやマネーロンダリングなど、難しいことが書いてある小説を読んだが、それぞれ物語りとしても面白くて難しい事柄もさくっと入ってきた。投資の話(決して順調ではない)やITの話など、こういう小説にできればな伝わりやすいかなと思う。ITの場合、問題なのは技術の進展が早すぎることだ。3年経ったら化石のように古い話なので、書いている最中から色褪せてくる。

Amazonでは、中古の本が1円+送料で売られている。

Written by in: 楽天日記 |

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed