4月
18
2006

毎日通勤しています...

新しい事務所ができて大きく変わったのは、毎日「通勤」していること。

東京でのベンチャー企業にいたときは、前半は会社に泊まっていたので通勤はなし。
後半はホテルや友人宅に泊まっていた、ちょっと遅い時間で通勤。
この1年はほとんど自宅にいた。

それが毎朝7時には起きて、家族で朝食をとり、8時半頃に家をでる。
車で1時間弱と少し遠いが、毎日通る道は決まった。この信号ではどれくらいで赤から青に変わるか、黄色の次に右の右折信号が灯るか、だんだんわかってきた。当初、車で移動するのは電車やバスとは違って、事故が起きないかと緊張感があった。しかし、慣れてきて気をつけるところを気にして、スピードを少し落とすと、事故が起きる感じはしない。

そうすると、ちょっとわがままになって、車が止まると本を読んだりする。車が走っているときは、本に書いてあることについて考えたり、ぼぉーと考えたりする。これまで歩いていたり、電車に乗っていたりするときは、本を読んだり、ぼぉーと考えたりする貴重な時間だと思っていたが、車に乗っているときでもできるんだなと気が付いた。もちろん、事故にならないように気をつけたいし、信号無視やスピードに出しすぎにならないようにしたいと思う。

自宅から事務所までは、自動車専用道路や名古屋市内の国道が多く、70Km以上飛ばせるところがある。次の信号までは青が続くが、その次、あるいはもう一つ次の信号までしか青がなくて、その後止まってしまう。車の中には、市内なのに100Kmぐらい飛ばしている車もあり、左・右と開いている車線を探して走っている車もある。制限速度以下でゆっくり走る車もある。荒い車は、会社の名前がついている業務用の車だったり、セルシオや外車に多い。ほらほら、そこをどけといわんばかりだ。

車に乗ると性格が変わるといわれるが、本来の性格が出てくるのではないだろうか?

シャドウ=車道

なんて、シャレをいうわけではないが。

まっすぐ制限速度を守って、着実に目的地へ向かう人 = マイペースの人
スピードをだして、少しでも早く行く人 = 少しでも早く出世しようとする人
かっこいい車や大きな車に乗って、どけどけといわんばかりの人 = 会社のプライドを見せ付ける人

渋滞に巻き込まれると、少しでも開いている車線に移る人 = トラブルに巻き込まれたらすぐ逃げる(動く?)人

などなど。
車の選択には、いまや社会的なステータスと関係は減ってしまった。
車を買うのに、実力はさほどいらない。
ちょっといい車に乗って、えらそうにしている人にはなりたくない。

Written by in: 楽天日記 | タグ:

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed