4月
13
2006

サイラボ 4/12の放送原稿

ネットチャンネルKYOの毎週水曜日23時からの番組”Cyber Laboratory"に出演しています。以下は4/12放送分の原稿です(番組での補足ですが、必ずしも一致していません)。

1. Apple CorpsとApple Computerの訴訟始まる

Apple Corpsという会社とApple Computerの間で、訴訟が始まりました。
Apple Corpsという名前の会社はご存知でしょうか?ビートルズの楽曲を運営している会社です。Apple Corpsは、Apple Computerが社名とロゴを不当に使っていると1991年に訴えました。
その後、音楽関係にコンピューターを使わないということを条件に、社名とロゴの使用を許可しました。

Macintoshがスピーカーをつけて音楽が聴けるようになってから再度訴えて、その後和解金を支払うことになったとか。今回、iTunes, iPodで音楽配信とプレーヤーを販売しているので、明らかに音楽を売っていることになります。

とはいっても、ビートルズ=Appleという意識はないし、Apple ComputerがビートルズのAppleを真似して利益を得てるようには思えないけれど。

商標の権利を侵しているという判決はどうなるでしょうか?いっそ、2つの会社は合併してしまったらいかがでしょうか!? そうすると、iTunesでビートルズの曲が配信されるしね(今は配信されていない)。

2. Windows VistaとOffice 2007は、発売延期

次のバージョンのWindows とOfficeは、来年2007年以降に発売延期となった。
システムが複雑になったせいで開発が遅れているのが原因のようだ。

Windows 2000からWindows XPは、見た目は変わったが中身はさほど変わっていない。
その証拠にどちらも以前のOSよりは安定性が高く、ソフトのほとんどはどちらのOSでも動く。
その差は10%ぐらいだという。XPになって機能は増えたので、かえって必要とするメモリーは増えたぐらいだ。

Vistaとなると、グラフィックの部分が大きく変わるようだ。3Dでウィンドウがさくさく動くということになりそうだ。ファイルシステムもリレーショナルデータベースのようなものも搭載される予定だったが、やめてしまった。この点は今年の夏ぐらいに最終的にどんな仕様になるか発表があるので、それまでわからない。

でも新しいパソコンにはVistaが付いてくるかもしれないが、Windows 2000で十分なことがほとんどだけど、誰が買うのだろうか?そしてOfficeも、Office 97, 2000ぐらいでほぼ完成してしまったが、買い換える人はどれくらいだろうか?

MS Officeと互換性のある、Openoffice.org 2.02で十分な気がする今日この頃である。

3. サイバーエージェント運営のサイト、Google除外

3月の下旬、サイバーエージェントが運営しているサイトが、Googleから検索できなくなったようだ。(3/31には復旧したようだ)

これはサイバーエージェントが、画面の隅に自社サイトのリンクを相互に張っていたけれど、これがユーザーの目に見えるものではなかったことによる。
以前にも、BMWやリコーのドイツ法人がGoogleの検索対象から外されていた。

見かけだけのSEO対策はやめよう。
中身だけで勝負しよう。

とはいっても、普通の広告は中身がなくてうるさいのばっかりだ。

4. 国交省、ETCを車版「電子財布」へ計画

車に搭載されるETCは、高速道路料金を払うために使われていて、利用されることも多いそうだ。
私は高速にあまり乗らないので、持っていない(;;)

このETC端末が、高速道路料金の支払だけでなく、駐車場の料金やドライブスルーの料金の支払に使われるそうだ。

車関係で使えるのは便利かもしれないが、電子マネーが増えても困るね。
会員カードを絡めたクレジットカードが増えているし、会員カードも多いしね。

車にカードを挟んで忘れがちになるけれど、それは高速道路しか使えないということが歯止めになっている。それがいろいろなものに利用できるようになると大変なことになると思うよ。それよりも、ETCは無線で通信するが、他人のを決済してしまうことになったりしないだろうか?高速道路の料金所ではそういったことがあるらしく、電波を遮断する板をつけているらしい。

Written by in: 楽天日記 |

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed