4月
08
2006

サイラボ 3/29の放送原稿

ネットチャンネルKYOの水曜日23時からの番組"Cyber Laboratory"、3/29の放送原稿です。
遅くなってすみません。収録して1ヶ月ぐらい経ってしまって書いているので、情報が古い(すみません)


1. Winnyで情報が漏れるのを防ぐには

巷で話題になっていますが、Winnyでたくさん情報が漏れています。
もらしたいと思っているわけではないのですが、Winnyで転送されるウィルスによりパソコンにあるデータすべてが共有対象になってしまい、データが流されていくのです。

いろいろなウィルス対策ソフトを作っているところから無償でWinny対策ソフトがあるので、それを使うのが一番手っ取り早いです。そうでなければ、Winnyを起動させないこと、Winnyの入っているパソコンでは大事なデータをいれないことです。

Winny自身はとても優れたソフトです。でもそれを悪用する人が多いというのは残念なことです。もっともWinny作者も挑発的にあったそうですが。いま出回っているWinnyに寄生するウィルスは、Winnyのファイル交換能力をそのまま使っています。Winnyは指定したフォルダのみだけを交換するようなソフトですが、ウィルスはその範囲をCドライブ全体に書き換えてしまいます。

このウィルスを作ったのは愉快犯ですが、本当に怖いのはこういった情報をこっそり手に入れる人です。私たちの知らないところで、どんどん情報が漏れていくのが怖いと思います。

2. Microsoft、新プロジェクト”Origami”

Microsoftが、PDAとノートパソコンの中間ぐらいの"Origami"という新しいパソコンの規格を発表した。
Windows XP Tablet PC Edition 2005というOSを使っているので、Windows XPと互換性があり、タッチパネルでペンで入力する。しかし、Windows CE 5.0を使った、W-Zero3よりもずいぶん大きい。ただし値段は10万円を切る設定にしているので、少し割安感がある。

このPCは4月から日本でも発売されるそうだが、どうだろうか?
私は中途半端で売れないと思う。
1Kgぐらいのノートパソコンの方が使い勝手が良い。
W-Zero3をなくしたので負け惜しみではないが、W-Zero3もポケットに入れるには少し大きくて、使い勝手がよくなかった。確かに電話とPDAが一緒になった点がよかったが、もう少し小さいほうがうれしかった。いっそう、PalmかCLIEの小さいほうが胸ポケットに入って、使い勝手がよい。

これまでも、ペン入力のものがあったが売れなかった。値段を安くしたけれど、画面サイズといい値段といい大きさといい、中途半端でダメだろう。

3. 「PSEマーク」無し製品の販売に例外措置

経済産業省が2001年から法律が成立して、それ以降の製品にはPSEマークというのが付いているそうです。安全に使うことができる電気機器という意味である。

2006年4月からPSEマークがついていない電気機器は一切販売することができない、という法律であったが、坂本龍一氏らの反対で古い楽器などの例外を除いてよくなったようだ。最終的には、希少性のある販売可能一覧が発表された。

これについては、大手の中古販売業者の在庫一覧ではないかという冗談も出たが、かなり偏っている。独自でPSEマークつけることができるかどうかをチェックする機械を経済産業省が提供することになっているが、絶対数が足りないそうである。

こんなのやめちゃえば。商品を売る店が責任をとればいいのである。

Written by in: 楽天日記 |

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed