3月
31
2006

フィリピンでの結婚 その3 結婚セミナー

これは日本の結婚にはないと思うが、フィリピンでは結婚する男女は結婚セミナーを受講しなくてはならない。これを受講しないと結婚の許可が下りないのだ。
しかも、地方政府のロアイ町役場が実施するものと、カトリックの教会が行うものの両方を受講しなくてはならない。

私は文化的なことで興味を持って、セミナーに臨んだ。

役場の結婚セミナー

ロアイ町役場は、役場の一つの部屋にある。
一週間に一回ぐらいあるらしく、最初の結婚申請のときに日時が決定していた。
必ず夫婦で来るようにといわれていた。

指定した日時に行くと、他に参加したカップルは一組だけだった。
20歳ぐらいの男女で、女性は知人の奥さんに似ているような清楚な感じだった。

講師である保健婦が後から部屋に入ってきた。
40代後半の優しい感じの女性だ。手には、ピル(避妊薬)、ペッサリーやコンドームといった避妊具を持ってきている。
残念ながらビサヤ方言のセブアーノ語で、講義が始まる。
私はまったくわからないが、妻から後で尋ねると「普通のこと」ということだった。

妻の「普通のこと」というのは問題だ。
何しろ私と結婚するまでは、男にまったく興味がなかったからだ。
1時間ぐらいで講義は終わり、私たちの結婚申請書に受講済みのスタンプが押された。
私は拍子抜けに終わった。

フィリピンはカトリックなどのキリスト教とイスラム教の国である。そのため、堕胎は法律で禁じられている。出産制限をする避妊薬と避妊具はグレーであるが、性の知識なく赤ちゃんができたというケースはとても多い。父親のいない子どもも多いし、できちゃった結婚はとても多い。私たちを除けば、妻の兄弟全員ができちゃった結婚だ。妻の兄弟によると、避妊薬も避妊具も薬局で自由に手に入るが、あまり好まないそうだ。

カトリック教会の結婚セミナー

これも教会に結婚申請したときに日時を決めていた。
出席は私たちカップルだけだった。
神父さんはまたTシャツとジーンズ姿だったが、教会のすぐ脇のところで始めた。
神父さんは私よりも少し年長の35歳くらい、風貌はボクサーのような感じであるが目が鋭い。

最初に英語かタガログ語か、ビサヤ方言のどれがいいか?と尋ねた。日本語は話せないのでごめんねという。もちろん英語だ。話し方は上品なので、教育を受けているんだなと感じた。

神父さんの英語はゆっくりときちんと発音されるのでよく理解できた。
聖書などに触れずに、カトリックの結婚観を私たちに質問をしながら進んでいった。
・一度結婚したら、何があっても分かれないこと
・人生には喜びもあれば悲しみもある。どんな辛い試練があってもめげずに、2人で乗り切っていくこと
・子どもができたら、カトリックに入信すること

「君の宗教の仏教では結婚に関して、何かきまりはあるか?」と質問されたので、少し考えてから「特にない。仏教は自己の修行・鍛錬なので結婚については触れていないようだ」と答えた。正しいか正しくないかわからない。私の宗教観なので間違っていたら許して欲しい。

海外へ嫁ぐセミナー

別の日になるが、結婚に関連したもう一つのセミナーがある。
妻が外国人と結婚して海外へ行く場合に受講するセミナーだ。海外へ結婚目的いく場合は、このセミナーが必須となる。
結婚後にパスポートを申請するときに、パスポートを受け取るまでに必ずセミナーを受講するように言われた。たしか、フィリピンには人材開発局のような役所があり、フィリピン人の出稼ぎを管理している。そこが主体で行われたようだ。残念ながら、このセミナーは日本人はシャットアウトで、後から妻に内容を聞いた。

最初は結婚ほやほやの女性がたくさん集められる。
その後、結婚する男性の国別にグループに分けられ、それぞれ講師が一人つく。日本人と結婚するグループは5人だった。
一人一人、結婚のいきさつを尋ねられる。その後、日本人の男、日本についての注意点が説明される。
日本の男は家事を何もしない。日本は怖いところだから気をつけなさいなどである。
かなり悪意をもって、悪いニュースばかりの話があるそうだ。
まあ結婚当初は期待をもっているので、悪い情報をたくさん入れとけば、バランスが取れるのだろう。
既に結婚したのだが、国内に引き止めたいのだろうか?

次は、、、結婚式かな。

Written by in: 楽天日記 | タグ:

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed