3月
11
2006

お金を稼ぎに

書籍代と焼肉代を稼いだ、ぜぃ。

知人に頼まれて、あるシステムのテスト要員として仕事をしてきました。

突然、電話がかかってきました。
まだまだやるべきことはあるのですが、いまのお客さんのところでもテストをしている最中です。何か得るものがあればという誘惑で、了解してしまいました。

ただ、報酬については最初に相談しましたが、会長兼副社長(妻ともいう)に後で叱られました。
私は交渉は下手なので、ついつい「それでいいよ」と言ってしまうのですが、後でしまったということになります。これからは会長兼副社長の承諾を得てからしようと思います。

本音を言えば報酬は倍は欲しいところですが、仕事の内容ではいたしかたないかなと。でもそれなら仕事は引き受けないほうがいいのかなと頭の中でぐらぐらします。でも、次につなげたいという気持ちもありますが、次の仕事がこの時給相場で考えられても困るというところもあります。

会社にいたころコンサルタントあるいはSEとして、1日10万円で請求しておりましたが、個人になって5万円、いやそれを下回っています。本音を言えば、それぐらいはいただきたいと思います。私の仕事は個人の能力に依存する部分があり、バックアップは他の人ではできないことが多かったのですから、会社にいても個人でやっても内容は変わらないはずです。いえ、会社にいたころよりも能力は上がっているはずです。
その差額は企業の看板代でしょうね。ブランドというのはそういうもので、みんなそういうお金を払っているんですよ。

話は戻って、テストの内容は、あるシステムの管理用Web画面のテストでした。
ほぼ完成しているものの、小さな不具合がたくさんあります。システムが落ちたりエラーで先にいけないというのはないのですが、表示内容がおかしいというエラーはたくさんありました。
ただ、プログラマーは自分で仕事をしていると気づかないのですよね。
Javaのサーブレットでつくってあるので直接いじれませんが、PHP言語だったらその場で直せるところもあったかもしれません。もしその場で直せるのでしたら、1日5万円でも安いと思います。

以前にPHPで同じようなものを作ったことがあったので、内部的なプログラムの動きを想像することができましたので、私のテストは効率的だったと思います。残念ながらテスト仕様書というのはなくて、テストの内容はきっちりとしておらず、学ぶものは少なかったです。ただ「プログラムをつくった当事者ではない人がテストをするべき」というところは、同じ意見を持っていらっしゃったので、自分の考えが間違いないことを再確認できました。

7時間半テストをやって、気疲れしてしまいました。
久々に自由でない環境で仕事をしたせいかもしれません。←もう気苦労をしていないのだろうか。

たくさん本を買って、結婚12周年で妻がステーキを食べたいと言っているので、その費用が稼げたということでしょうか。目の前のお金にもつられてしまったかもしれません。

Written by in: 楽天日記 |

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed