3月
07
2006

会社の名前

みなさん、会社の名前をつけるときにどうしていますか?

名前をつけるのは大変ですよね。
子どもの名前は、名前負けしないことを念頭にしています。
私の名前の「猛」というのも、父親が威勢よくなってほしいという気持ちだと思うのですが、全く反対という感じです。だから、立派な名前をつけたり、流行の名前をつけるよりは、古風でも個性のあるものにしたかったです。

子どもの名前は、直観で決めました。なんとなく?、いい感じかなと思って、妻と相談して決めたものです。
候補としては、マリアやケンなど外国で通じる名前がいいなと思ったのですが、日本人ぽくつけようということになりました。

さて本題の会社の名前は難航しています。
どうしてもインターネットに絡んだ仕事をしていますので、ドメインが取れるかどうかということがキーになります。いいなと思った名前でも、ドメインが取れないと諦めています。

名前を考えるときも、子どもと同じようにしています。感覚的に思いついたら、書き留めていて、いくつかバリエーションを考え、ドメインを検索しています。ドメインがとられていなかったら、すぐに取得します。.com や .netは1000円弱で取得できるので、早いもの勝ちです。

これまでとったものは、こんなものです。

vocalin.com
solisart.com
cheepest.net
ai-chi.com
shockby.com

なんでこんなものをと説明すると急におもしろくなくなってしまいますが、vocalin.comはWebページを開いたら、自動的にリンクをつくるシステムをつくろうかなと思い、そのためのドメインをとりました。いくつか候補を挙げて、友人に決めてもらいました。その後、開発が進まず捨てました。

solisart.comは、現在メインに使っているものです。
もともとは、妻のほうの義理の父や兄弟がフィリピンにて個人で仕事をしています。その屋号が、Solis Artcraftといいます。Solisは妻の旧姓です。もともとは、スペインやラテンアメリカ出身の名前らしいです。Solisという名前は日本では使われないだろうと思っていたら、solis.co.jp もsolis.jp も取られていました。

solisartcarft.comは長くて覚えにくいので、solisart.com というのを兄弟や親せきがホームページやメールで使ってもらえればいいなと思い取得したのですが、昨年フィリピンに行ったときにその話をしても、彼らはピンとこなかったみたいです。携帯は流行しているのですが、自分でドメインを持つという発想がなくて、残念でした。将来、彼らがインターネットを活用するときがくるまで、このドメインは持ち続けようかなと思います。

solis.co.jp のサイトによると、solis という意味は太陽だそうです。知らなかった。こんなにいい意味とはおそらく兄弟も知らないだろうなぁ。私は、Sol(太陽)+ Isla(島)で、太陽の島と勝手に思っていたのですが。

cheepest.net は、あるプロジェクトを遂行するために、取ったドメインです。
同じような発想をしているサービスはあるのですが、まだ市場を制覇してはいないと思っているので、まだ持っています。

ai-chi.comは、 AI関連の仕事をしたい。そして地元の愛知県でという思いから、aichiとAIを絡めないかなと思っていろいろいじっていたら、このドメインが開いていたというしだいです。うーん、なかなか使いづらいなぁと思っているので、たぶん捨てると思います。

shockby.comは、業務の性質上思いついた名前です。情報をつなげるシステムの開発を進めています。つまり情報の「触媒」になるのかなと思いました。ただ、世の中を変えるようなものにしたい、そういう意味ではショックを与えるもの。「触媒」とショックをひっかけて、shockby 、shockby.com というのもいいかなと思ったしだいです。

会社の名前をつけるとしたら、ショックバイドットコムがいいかなと思っているのですが、いまさらドットコムというのもね。(「どっと混む」という表現を使われたのを見かけましたが、おもしろいと思いました)。ショックバイだけですと、ハックションみたいですしね。

ホント、名前をつけるのはむずかしい。

とりあえず、今は、ソリスアート(Solis Art)という屋号にしています。カタカナは届出用と考えています。

その名前を私が使用しているのは、妻は非常に喜んでいます。妻の旧姓を使っていて、妻の亡くなったお父さんを尊敬しているというので。ハイ、その点自由業でぶらぶらして妻に不安を抱かせていますが、少しは気持ちが楽になっているようです。あっかんべー

Written by in: 楽天日記 | タグ:

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed