3月
06
2006

【本】ゲーム開発者のためのAI入門

ゲーム開発者のためのAI入門(原題:AI for Game Developer)
オーム社
3800円+税
ISBN 4-87311-216-8

オライリーの「ゲーム開発者のためのAI入門」という本を購入した。
Amazonの書評で5つ星なので、これはいい本だと思って買った。

悲しむべきか、うれしいと思うべきか、
本の内容はほとんど知っているじゃないの。

系統立てて書いてあるし、ソースのサンプルもある。
だけど、、、、ほとんど知っている。

最近のゲームは複雑でよくここまで作ったなというのもある。将棋や碁、トランプのようなゲームは、解析が進んでいて人間よりも強いものが多い。だけど私たち普通の人が戦うゲームの舞台や、シミュレーションの類は難しすぎるとゲーム性が損なわれる。でも動きや考え方が人間らしいものもある。

そのバランスはどうしているのかなと期待して買ったのだけど、残念ながらほとんど載っていなかった。ゲームをつくる現場ではいろいろやっているのに違いないと思うのだけれど、本当はそんなにすすんでいないのかな?

数年前に、Age of EmpireというゲームにAI機能があって、ルールベースのプログラムを書くことができると聞いて驚愕した覚えがある。いつのまにゲームにこんな機能が搭載されたのだろうか、世の中進んでいるのではないかと。

だけどこの本の質をみると、案外進んでいないのかもしれない。
いや、ゲームを作る現場ではもっと進んでいるのかもしれない。どっちだ?

いずれにしろ、残念ながら日本のゲーム開発会社ではないと思う。日本人にはその能力はあるんだけれど。

Written by in: 楽天日記 |

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed