2月
28
2006

教育の平等がないなんて、気にしない

昨日の中日新聞に学力の2極化について記事が載っていた。
http://www.chunichi.co.jp/00/sya/20060226/mng_____sya_____002.shtml

(共同通信)
http://www.excite.co.jp/News/society/20060225120910/Kyodo_20060225a438010s20060225120912.html
ネットのニュースでは詳細が省かれているが、新聞では以下のように書いてある。

平均程度の学力の子が減って下位層が増え、上位層との二極化傾向が進んでいる。親の経済格差がそのまま子どもの学力に影響を与えていると感じる。その理由は、親が勉強の面倒を見る余裕がない、生活自体が成り立たない、親が成績に感心を持たない、塾や参考書に関心を持たない、からだと言っている。

裁判における子どもの養育補償について調べたとき、驚いたことがある。
子どもが高校卒まで補償するか、大学卒まで補償するかという点であるが、親の最終学歴と同じ程度でよいとのことだった。
今になって思うと、親の教育に対しての考えるところと、子どもの最終学歴は相関関係があるように思う。親が教育について考えているところは、子どもが学ぶ点について真剣に考えていると思う。私は子どもが自分で選ぶのならば、高校卒業でも構わないし、大学までいってもいい。学費の安いところを望んでいる(私の親と同じことを言っている)。程度のあまりよくない大学へ行って遊ぶぐらいならば、やめておけと思うだけである。

小学生の娘の友達が、「私はお金がかかるから大学へ行かない」と言っているのを聞いてショックを受けた。大学へ行くのはお金がかかる。しかし、お金の基準で大学へ行って学ばないという基準を設けて欲しくない。大学に入って学ぶことで、その後の人生が大きく変わるならば、ぜひ大学へ行って欲しい。価値のある進学ならば、数百万の借金ぐらい、すぐに取り戻せるはずだ。

マサチューセッツ工科大学は、1年で400万円ぐらいの学費がかかるそうだ。MBAのコースや、医科大学も同様だろう。学生の多くは学費ローンを組むそうだ。卒業するまでに1000万円以上のローンを抱えて、就職するそうだ。

ただ、日本の大学も学生が少なくなるので、変な競争を始めているようだ。やたらと大学院を設けている。本当にきちんとした教育をすることが可能であろうか?

二極化の話に戻るが、これはどうしようもないことである。
ただ、これまでの日本は世界でもっとも成功していた「社会主義」国家だったので、それが世界の資本主義の荒波を受けて、二極化をはじめとするさまざまな形に変化しようとしている。経済格差も同じである。中国や東南アジアでは、同じような仕事をしても10倍以上の賃金格差がある場合がある。言葉の問題や国の壁があるにしても、このダムからの水は徐々に高いところから低いところへ流れていくのが自然なことだ。

私たちの政府や考え方は、この変化に対応するのが遅れていることを認めよう。
学校教育は政府のやり方や日教組がいつも批判の対象にされているが、そんなことよりも個人でどうするか考えよう。今の時代は、昔と違って情報にあふれている。図書館にもたくさん本があるし、インターネットには情報が溢れている。

私たちにとって大切なのは、何を学ぶべきか?どうすれば学ぶことができるか?その方法を考えることである。

まず最初に学ぶことは、国語や算数の基礎学力。
そして、自分だけではできないことに気づき、協力してやることの大切さを知ることであろう。そこには、Give&Takeや、ゲーム理論などの戦略的なこともあるかもしれない。
日本語は限られて言語なので、最低英語を身につけよう。日本語だけの10倍以上の情報が英語で眠っている。コンピューターに関する本もビジネスに関する本も、英語で読めた方が安く早く手に入れることができる。もし英語で本を書くことができれば、10倍の読者を得ることができて、10倍の著作料も得ることができるかもしれない。。。。。。(私は英語の本を読むのに疲れてしまうので、まだそれは適わないが)

あとは問題にぶつかったら、それをうまくアドバイスしてくれる親か教師があればいい。
基本は自分で解決することだと思う。

中学校や高校での教育、大学での講義なんていうのは、学ぶきっかけに過ぎない。
結局は、自分で本を読んで理解を深める。問題を解いてみて、自分の理解が正しいかどうか知る。そうやって、進めていけばよい。

学校というのは、本で学ばないことを学ぶところだ。
だから学校に期待しすぎるのは間違っていると思う。自分で学べ。
先生は本の中身を教えるのではなくて、自習できる手段や興味を持たせることを教えるべきではないかと思う。

だから、私は教師になりたくなかった。

Written by in: 楽天日記 |

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed