2月
02
2006

ショック!一転、青色申告→白色申告

知らなかったというのか、不勉強というのか、税制は難しい。

前から疑問に思っていたことを、税務署に電話して尋ねたらぶちのめされてしまった。

今年9月1日に青色申告を届け出た。
会社を昨年1月31日に辞めて、その後はすぐに起業すればいいものを、しばらくどうするか考えていた。
青色申告の届出をすると独立ということになって、失業保険をもらえない。

最初の会社を辞めたときも、休職後に退職だったから前年度の給与はない。
よって、失業保険を申請してももらえない。

よーし今度はもらうぞと思って、耐えに耐えた。
退職後の3ヶ月はなしで、それから月2社の面接のノルマ。
面接してもいいなという会社は少なく、現実を暗くするだけだった。
でも月20万円。結局3ヶ月半の70万円から収入があった日の分を差し引いているので、65万円ぐらいだろうか。

今回前の会社を辞めるときに、業務サポートのため月5万円で請け負っていた。
しかし、今日の電話で「それは9月前に事業をしていたことになるので、青色申告は認められない。白色申告になる。」と言われた。

えーーーーー、65万円の青色申告控除はどうなるのぉ。
これまで一生懸命記帳して勉強してきたのはどうなるの(←無駄にはならないという突っ込みがありそう)。でも税制って勉強しても勉強しても、いろいろ例外があってわかりにくいね。すべての税金を、消費税30%だけにしてくれないかなと思ってしまう。

税務署から、白色申告書を送ってもらって、書き直すことになりそうです。9月以前の領収書あったかな?。いろいろ調べると、家事按分が使えないし、税金も上がるので、前の会社からのお金をもらわなかった方がいいみたい。
(失業保険をもらわなかったほうが良いという話もある)

しょぼーん
((“o(>ω<)o”)) まあ細かいこと気にせずに、ちゃんと税金払ってがんばるか。

Written by in: 楽天日記 | タグ:

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed