1月
31
2006

小学校一年生の息子は自宅謹慎

先日の「ADHDの息子の喧嘩は止まらない」というのに反響がありました。
コメントをいただいた方、読んでくださった方ありがとうございました。

その後、金曜日にまた先生から連絡がありました。
学校の給食後に掃除があります。昨日は男の子はぞうきん、女の子はほうきの当番で掃除しました。今日も昨日と同じ当番ですが、息子は順番が入れ替わると思い込みました。そして「昨日はぞうきんだったから、今日はほうきだよ。」と言い張り、ほうきで掃除をしようとしました。担任の先生は「男の子はぞうきんだよ。他の男の子もぞうきんだよ。」と言って、ぞうきんを持たせようとしました。何度言っても、従いませんでした。

先生が息子の手からほうきを奪ってぞうきんを渡すと、息子はその怒りを全然関係ない女の子、しかも一番気の弱そうな女の子を叩きに行きました。それを先生が注意すると、先生が見ていないところで再び叩きました。先生は注意しましたし、教頭先生も来て注意しました。

その後、書写の時間はやる気をなくし、先生の言うことも聞かなくなりました。

他にもいろいろなケースで問題を起こします。

算数が得意なのですが、一番でないと気がしません。
100ます計算をするプリントを配って、よーいどんでいっせいに回答します。
計算の早い子は1分ぐらいで終わります。
息子も2分ぐらいで終わるのですが、自分より早く終わることが許せないのです。

先生に「もう一回勝負させて」と言ったり、先生の採点の済んだプリントを鉛筆でぐちゃぐちゃに書いたりします。
先生がそれを諭すと、ゴミ箱に捨てたり、他の教室へ行ったりします。

何か面白いことがあると、息子は耳にするとそれに反応します。
すぐに走って行って、それに参加します。そして結果として授業妨害になります。

ADHDの参考ページ
http://toss.schumann.jp/adhd/
http://www2.ttcn.ne.jp/~ataman/

ただ息子はそれを悪いことだと思っていません。感情がそのまま行動に結びついてしまいます。
ADHDについてわからない人は、それをしつけの悪さと言ってしまいます。私も息子が幼稚園に入ってしばらくするまでは、まったくそのようだと思っていました。
しかし、ADHDの子にとっては普通の生活が、騒音などの刺激の多い生活の中で生きているようなものです。
まだ小学校一年だとよく考えることができません。そのため、過敏に反応してしまうのです。ADHDの子の80%は4年生ぐらいになれば、行動の前に考える力が付くので、自分をコントロールできるようです。

ADHDは遺伝的な性質に関係あるとされ、世界中どこの国でも5%ぐらいの割合でいます。つまり40人学級では2人はいるのです。

これまで、あの手この手で子どもを躾けようとしました。脅したり、なだめたり、褒めたり、怒ったり、悲しんだり、こんこんと話したりしました。薬を併用して、生活の面でも、学校の生活でもいろいろと試してきました。

それが金曜日のことで、妻はプチっと切れてしまいました。
妻は「一週間休ませる」と言いました。
学校の先生の心労もピークに、妻の心労もピークになりました。私も疲れ始めています。
私もそれに同意しました。

今日、息子を休むことを伝えるために学校へ行きました。
そうして金曜日にいきさつを聞きました。

その後偶然に学校のカウンセラーの先生に会うことができたので、話しました。

小学校1年生のクラスは3組あります。そして1年生は特別にアシスタントが2人付いていて、5人の先生がいます。しかし来年は生徒が転出したせいもあり、2組になります。問題とされる生徒5人に対して5人の先生が対応していますが、来年はそれが2人の先生で担当します。
来年のことは学校としても不安に感じているところがあります。
担任の先生も一生懸命対応していただいていますが、たくさんの生徒に教えなくてはなりません。先生も限界を感じているようです。

小学校の中の特別なクラスが2つありました。
知的障害児のいるクラスもありましたが、他は息子と同じような子がいました。
先生が数名の生徒と1対1で対応しています。生徒が落ちつかなくても、何度も何度も繰り返して言い聞かせます。生徒が席を離れて積み木のような文字盤で遊ぶのですが、高いところから文字盤をひっくり返しても何も動じません。プロの先生だと思いました。

その後、養護教諭を交えて話し合いました。
先ほど見た特別なクラスにいる子と同じように、特別なクラスに席を置いて普通学級にときおり通うのはいかがと言われました。3年生、4年生になる頃には落ち着くそうなので、2年生の1年間ぐらいはその方がいいのではないかと思い始めています。

Written by in: 楽天日記 |

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed