11月
30
2005

バーチャルな世界で進化するのかなぁ?

昨日に続いて変なことを考えています。

だんだん世の中はバーチャルな方向に向かっていき、あるところで全てがバーチャルな世界に突入してリアルな世界から離れてしまうのではないかと。バーチャルのもっとも最たるものは、お金です。そのお金以外に世の中を動かすものはないだろうか?

全ての富がお金のものさしで計られますが、そのお金で交換する必要がなくなったときやお金で交換する対象が少なくなったときに、どうなるだろうかと思います。

共産主義が崩壊して、資本主義もどうなるかわからない時代です。お金はとても便利なものですが、その富の源泉は、鉱物資源や食料衣料木材の資源を人間が加工したものです。それがなくなってしまうことはないのですが、遠い将来はどうなってしまうんだろうと思います。

私は、人生における時間というものが、貧乏でもお金持ちでも平等に与えられたものです。その時間というものが、お金よりも大切だと思っています。ときには時間を切り売りして、お金にしないといけないのですが。お金がふんだんにあるんだったら、必要以上にお金を稼ぐのではなくて、時間を大切にします。またお金のために仕事をするなんてことは真っ平です。

マトリックスという映画をご存知だと思います。マトリックスという映画を見て思い出したのは、中学校のとき友人から教えてもらった「不可知論」という言葉。
「不可知論」というのは、私たちが見ている物体は本物ではないかもしれない。

目の前にペンがあったとして、それは本当はペンでないかもしれない。実はニンジンかもしれない。
ノートがあったとしても、それはノートではなくて食パンかもしれない。

もっといえば、コップがあったとしても、それはパソコンかもしれない。

今の世の中では簡単に表現できる。それは実態のない仮想の世界かもしれないということだ。

<明日以降に、続きます>

Written by in: 楽天日記 |

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed