11月
13
2005

起業の学校 第14回(最終回) 事業計画ブラッシュアップ

とうとう最後になってしまいました。

前回の講義で、事業計画書のつくり方について指導をいただきました。
今回は宿題で事業計画書を、2通り用意します。

1つは、A4の紙1枚にまとめた要約。もう一つは事業計画書。

前者はなんとかまとめたけれど、後者はなかなかまとまりません。結局、今日には間に合いませんでした。事業計画をまとめようとすると、いろいろな雑念が思いつき、調査のために本を読んだりインターネットで調べたりしました。

もう個人事業主になっていてサラリーマン生活とは縁を切ったけれど、半人前の自立です。
完全に自立するためには、きちんとした事業計画の元に生きていかないといけないけれど、なかなかまとまりません。ITのプログラマー、SE、コンサルタントとして生きていくには、収入はどうあれ、なんとか食べていける。でもそれでは、信念なくして流されてしまう。

午前中に鵜飼先生に自分のプランについて指導を受けました。漠然としているところで欠陥がたくさんあるプラン。どんな指摘をされても、自分の身が崩れそうになりそうです。でも予想しなかった視点で、見てもらえるので、励みになりました。まだ、無料でしかも色抜きで見てもらえる。それはうれしいです。

午後は、自分のプランをプレゼンテーションするのと、そしてみなさんとプレゼンテーションを聞きました。もう起業の準備をしている方、これから取り組もうとしている方、そしてまだ右往左往している方、いろいろあります。

でも、気持ちがいいですね。

起業の指導してくれるところは数あれど、ここにきてよかったです。
みなさんの気持ちが伝わってきます。先生のコメントもよかったです。少しでも世の中がよくなるといいですね。でも資本主義だからちょっとだけ稼げないと続かない。

お金だけで世の中が動いていくというのが無理な時代にきたと言われる方がいました。お金本位制から感動本位制に行きましょう。


生きているということは、誰かに借りをつくること
生きてゆくということは、誰かに借りを返してゆくこと

                    永 六輔 著『大往生』より

ちょっと今日はおセンチになりました。
一ヵ月後に、もうちょっとだけブラッシュアップしましょう!

Written by in: 楽天日記 |

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed