11月
08
2005

正負の法則

先週のオーラの泉を見ていてちょっと気になってしまった。
美輪明宏さんが、「正負の法則」ということを言っていた。

得てして芸能人は、売れている人ほど家庭生活には恵まれていない人が多い。芸能界で評価されて売れるほど、家庭生活はダメになる。そして両方望もうとすると、寿命を縮める。

ということを言ってました。インターネットで調べてみると本も売られているのだが、このようなことも書いていました。

http://www.ntv.co.jp/sekaju/student/20041120.html

「自分のやっていることを振り返ることが大事です。苦しいことがあった時にも、過去の苦しかった時のことと比べれば大したことがないと思えて、楽しく生きていけます。

「人生はプラスマイナスゼロ」、そして「一升升には一升しか入らない」。欲張らずに、このことを頭に入れておけば、いたずらに悩んだり、苦しんだり、焦ったりする必要はなくなります。」

つまり、幸せがあれば不幸もやってくる。いいことがあれば、悪いこともある。
また不幸のあとは、幸運がやってくる。悪いことのあとは、いいことがくる。

うぅ、事業で成功するためには、家庭を犠牲しないといけないかぁ。
家庭を幸せに過ごすためには、事業はうまくいかない方がいいのかぁ。

何でも欲張りになってはいけないんですね。悩んでいます。

Written by in: 楽天日記 |

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed