11月
02
2005

会計ソフトと会計事務所

頭が疲れたので軽めの話題をしよっと。今日の話題を考えていたら時間がかかりすぎてまとまらないので、課1日遅れで軽めです。
事業をするにあたって、会計ソフトの選定をすすめている。

青色申告の個人事業主そしてもちろん会社は、きちんと簿記をつけて、税務署に財務諸表を提出しなくてはならない。そういうのはExcelや自作のプログラムでやるには面倒なので、会計ソフトを購入する。

ソフトの計算は決して複雑ではないかもしれないが、記帳のしかたや税金の控除などの条件は複雑すぎる。まさに税負担を公平にするために、高額所得者からあの手この手で高いお金をとり、また普通の人もなるべく気づかないように税金を取るために、複雑な方法となった。ある人は一率消費税で20%ぐらいとった方がいいんじゃないかなといったけれど、その方がいいかもしれない。高いものを買う人の方が高い税金を払うんだしね。

税理士のために、こんなに複雑な方法をとっているような気がすることもある。

ところで、個人事業主や小規模の場合の会計ソフトを買わなくちゃいけない。弥生とかJDL IBEXか、それともソリマチなどを悩んでいる。起業した場合は会計事務所と付き合うことになり、その会計事務所のお勧めのソフトかなという気がするが、まだ金額も少ないし帳簿のつけることぐらい自分でできそうな気がする。

少なくとも今回ぐらいは、自分で財務諸表を整えて、帳簿を提出するぐらいはやっておきたい。

そして、JDL IBEXの青色申告を使うことを決めていたら、商品がなくなってしまった。JDL IBEX出納帳のカジュアル版(無償)を使って入力しているのに。2万円相当の出納長を買うべきかな。。。。

一度決めたら変更は難しそうな、会計ソフト、どれがいいんでしょうか?

Written by in: 楽天日記 | タグ:

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed