10月
18
2005

なんで楽天がテレビ局を買収しようとするの?

チャットで友人と話していたんだけど、アマゾンで商品を買うとアマゾンのパッケージに包まれて届きます。あ?本が届いた。ゲームが届いたとすぐわかる。

アマゾンのパッケージでこんなことをする人もいる。
http://n-styles.com/main/archives/2004/07/20-033333.php

でも楽天で商品を買ったことがあるけれど、それぞれのお店の梱包なんだよね。実は楽天のトップメニューから買ったわけでもなく、ブログなどで安いものや紹介されていたものをリンクでたどり着いただけです。会社だけのサイトでも購入していたでしょう。どうせ届くならば、楽天らしき梱包で届くと、おぉぉという感じがして、そのうちブランド価値が出てくると思います。いまはただ商社なのかなという感じです。

テレビ局という規制産業の会社を買収すれば、また規制にあぐらをのせて寡占市場で儲けることができるかもしれないけれど、そんなことがベンチャーに求められているわけではない。Gyao.jpのようにとことんまで、ネットで放送局を立ち上げて欲しいという気がします。

コンテンツについては、薄給で働いている番組制作会社が山のようにあります。スカパーの番組や衛星放送の番組予算を知っていますか?1時間数十万円ぐらいですよ。10万円ちょっとで作っている例もあるそうですよ。その中でシナリオかいて、番組の小道具用意して、撮影機材をレンタルして、出演者にギャラ払っていたら、、、どっかでロケハン撮影なんてほんとに厳しいですから。

もはやテレビを見る時間は毎日一時間を切っているかも...

Written by in: 楽天日記 |

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed