9月
05
2005

ジャスコイーオンにて、数年後の悪い予想

日曜日の午後は、家族と娘の友達の5人で東浦のジャスコイーオンへ行きました。
家から30分弱のところですが、ここ10年くらいのデパートはアメリカのショッピングモールみたいですね。ここ東浦のジャスコイーオンも(アメリカの小型の)ショッピングモールという感じです。

日曜日の午後にショッピングモールへ行くのは誰もが考えることだと思いますが、とても混んでいました。駐車場は満車の表示でしたが、幸運にも駐車場から出て行く車がすぐに見つかり、その後に停めることができました。

子どもはおもちゃ売場のトイザらスへ直行して、私は子どもをトイザらすまで見届けた後に妻のウィンドウショッピングに付き合ったりしました。途中で雑誌を買う以外は、妻に付き合ったり、途中で長椅子に座って歩いている人を見ていました。

なんか、一見してどこの国かわからないほど日本は変わったなという感じがしました。
アジアで日本語を使っているところは、間違いなく日本です。そしてこぎれいにしていて、ゴミもないので、アジアです。でもシンガポールやフィリピンやマレーシアなどの高級なショッピングモールと違いが一瞬わかりませんでした。

ポルトガル語や中国語を話している人たちがいるだけでなく、ファッションや顔つき、立ち振る舞いが、なんとなくそういった匂いを感じさせます。雰囲気も、どちらかといえば崩れている感じがします。夢や希望というよりは、時間をもてあそんでいるとか、やることがないからここに来たというような感じがしたというのは言いすぎでしょうか?

ここのジャスコイーオンに来ている人は、いつも自分が会っている人とは少し違います。中には品の良い中年の男性や女性もいますが、若い男性や女性ともだらしない格好をしていて、目がとろんとして覇気がありません。家族と一緒にいる人も、生活の疲れを感じさせます。

専門店街の若い女性を対象とした洋服店で、「万引きはゲームではありません。犯罪です。」という張り紙がしてありました。また警備員がたくさんいるのが目に付きました。

あくまでも直感ですが、ここにいる人たちはこれまでの日本人と違うなあと感じました。なんかこれから、日本が下っていくような貧富の差が開いていくような感じがしました。

ときどきパチンコ屋の前を朝8時半頃に通ることがあるのですが、9時の開店を待っている20人ぐらいの男たちや数人の女の人がいます。そして、名古屋へ行ったときに場外馬券売場へ歩いていく人たちを見ることがあります。私が外国のスラムで見たことのある男たちの鋭い目ととろんとした目は同じような目をしています。

日本の方が身なりもよく車も立派なのに乗っています。しかし、日本社会の底辺の底上げのせいなのだと思います。これからグローバル化の道を歩んで日本の貧富の差が大きくなれば、その日暮らしという同じような生活習慣を持っている彼らは、間違いなくアメリカやアジアのスラム住民に突入するでしょう。

そして、ジャスコイーオンもそんな人たちがお客として来るのかなと思いました。そしてアメリカのようにショッピングモールの駐車場がレイプや強盗がよく発生するように、日本もそうなるかもしれないと思いました。

Written by in: 楽天日記 | タグ: ,

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed