9月
01
2005

東京のコンサルティング

東京での仕事は、かつて勤めていた会社へのコンサルティング。

仕事の内容は技術相談で、ときどきパソコンでチャットをしたりと月1回訪問をしています。2005年1月まで勤めていたときは、100%会社のために尽くしてきました。今は一歩離れたところにたって、見ています。自分が在籍していた会社ですのでうまくいって欲しいと願っておりますが、時間が経ってみるとかつての感慨は消えています。

訪問して、一緒に働いていたIさんと1ヶ月に1回でもざっくばらんに話ができれば、お互いのもっている情報を教えあったり、すすむべき方向や理解が間違っていないか確認できる。私がこの会社で働き始めたときはほとんど1人で考えていて、それから人が増え始めたときは何人かいた。そして今は私が離れて、Iさん一人になった。技術系の会社で何人も一緒に働いていれば自然とそういう話ができるし、先進的な「はてな」などであればなおさら。大学の研究室でも同じような考えの人がいれば、お互いに刺激を受けるだろう。だけど1人だとそれでいいかどうか、悩みます。

とても貴重な1日で、これも言葉では通じない何かを交換するんだろうと思います。名古屋でAIをやっている方と一緒に仕事をしようとも考えていますが、言葉だけでなく言葉以外の自然な情報交換をできると思います。

Written by in: 楽天日記 |

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed