8月
29
2005

The Spitfire Grill(邦題:この森で、天使はバスを降りた)


刑期を5年終えた若い女性パーシーが、アメリカのメーン州の小さな村にやって来る。彼女は村のカフェで仕事をし始めるが、僻村の人々はよそ者を警戒する。そのためギクシャクしていた関係が、少しずつ解かれていく。彼女の存在が、この村の人々が抱えていた問題を明るい方向に向かっていく。最後まで彼女を信用していなかった男が、ちょっとしたことで最悪の事態へ。彼女はいなくなってしまったが、彼女が村に大きな変化を与えた。

現実に起きそうな話で、それがすごく切なく感じます。
アメリカの特殊事情もありますが、日本でありそうな自然な話ですね。久しぶりに見ていて、涙がぼろぼろ出てきてしまいました。久しぶりに感動する映画をみたと思います。すかっとさわやかな終わりではありませんが、何か将来に向けて期待を残すことが感じられて良かったです。

ところでこの映画の中で、僻村のカフェを売りたいんだけど10年経っても売れない、どうすればいいんだろうかという話が出てきます。パーシーは刑務所の中で友人から聞いた話をします。

「田舎のホテルを売ろうとしたんだけど売れなかったの。そこで、田舎のホテルを経営したいという理由を書いたエッセイコンテストをしたの。参加費用$100で最優秀の人にホテルを譲ることを約束したんだけど、もし2500人以上集まらないときは取りやめにするとしたのよ。そしたら3000人以上集まって、大儲けよ。びっくりしたわぁ」

彼女はその話をカフェの女主人にしまして、実際にそれをやり遂げました。コネを使って全国紙に記事を書いてもらったら、大評判で無事にそのカフェを売ることができました。ここに売れない不動産を売るための知恵があります。

普通に不動産を売ろうとしても、顧客が見つからない。顧客が見つかったとしても、安く買い叩かれるだろうし、村民の人も従来どおりのカフェが続かないことにショックを受けるだろう。カフェを安く買った人がいたとしても、それは利益が出るかどうかわからない。いわば全員が損をするシステムかもしれません。

ところが発想を変えて、$100で公募する。その$100は夢の代金です。一人は必ずこのカフェを手に入れることができます。公募の中から選ばれた一つは、一番良いアイディアで成功する確率が高いし、村の人を巻き込んだので、村の人はみんなお客になってくれるでしょう。このような騒ぎによって、カフェの名前は有名になり、村の外からも客は来るでしょう。もし公募された$100が紙くずになるのが心配だったならば、無期限のコーヒー券30杯分を渡せばいいんじゃないの(日本の発想だけど)。そうすれば、遠くから一度はやってくるし、損したという気分にもならない。

これで、カフェの女主人も大金を受け取れるし、村民も結束ができてカフェが継続して喜ぶ、公募した人も夢とコーヒー券を受け取れる。みんなハッピーとなります。みんな損をするところから、発想を変えただけでみんな得をする、オセロのような話です。

実際にはそんなにうまくいかないかもしれませんが、ひょっとしたらこういうのもコミュニティビジネスなのではと思いました。

Written by in: 楽天日記 |

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed