8月
24
2005

なんで、一人一票?

最近911の衆議院選挙が近づいてきて、政党のポスターを見かけたり街で演説する声が聞こえるようになった。世の中の声を聞くのは、http://www.technorati.jp/ なんてページがおもしろいかもしれません。ブログのトラックバックが集まっているサイトです。

よく人と会話するときの話題として注意をするテーマが2つあるという。
宗教と政治である。普段なにげないお付き合いしていても、こと宗教の話になったり、政治の話になったりすると主義主張を譲れない。ある意味タブー視されている。

さて私自身は何かといえば、ノンポリ・無宗教になるのだろうか。無色透明です。生まれと育ちが余りよくないので左に傾いていたかと思えば、海外放浪から戻ってきて「やはり日本じゃ」と右に傾いている。フィリピン人と結婚したからコスモポリタンかというと、日本の文化が好きだし、日本の国が一番落ち着く。今は嫁が日本の方がいいという次第である。結婚するときにカトリックに改宗しなくてはならないのかなと神父に英語で議論をしたら、「そのままでいい」ということでカトリックにならなかった。日本教を信じているのだろう。

ところで、個人的にはどんどん日本は改革していって欲しいので、郵政改革に賛成であるかどうかというよりは、小泉首相でないと日本は変わらないというところに期待している。その結果自民党に投票することになる。しかし地元の候補者を見ると、民主党の方が人間的にはいいかなと思ったりする。ところで、なんで自分の意思を代議員を選んで任せないかんわけ?国会議員なくして、インターネットによる直接選挙制で法律決めればいいじゃん!国会議員は多すぎる。都道府県2人ずつの100人ぐらいの国会議員が、議員立法したり議論をして、最終の投票はインターネットでというのはどうかな?

だって、投票する国会議員の意見にすべて賛成というわけではないじゃないですか。10の法案について、すべて同じ意見をもつ国会議員なんて同じ選挙区にいるはずがない。なのに、一人を選ぶなんてちょっとおかしくはありませんか。

フィンランドの地方議員は専業ではなくてボランティアでやっているというし、国会議員だって某国のように威張り腐っていない。そろそろ、民族=国家という概念は崩れつつあるので、人種や民族は違っても同じような考え方のグループはできつつある。やんきいの日本人よりは、まじめな中国人、フィリピン人、インド人の方がずっと親近感があるし日本に貢献してもらえると思います。

Written by in: 楽天日記 | タグ:

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed