8月
19
2005

パソコンは習うより慣れろ

開発プロジェクトにずぼっと入ってしまいました。

普通の会社員のように、朝8時に起きて(ときには7時に起きて)、満員電車に乗って開発現場へ通っています。仕事というのは波があるので、1時間全然すすまないときは、申し訳ないと思います。しかし、ぐんと伸びて成果をあげたときは、お金をたくさん欲しいと思うときがあります。サラリーマンは、その平均のところを報酬を貰っているんですよね。すっかり忘れてしまいました。

そのためちょっと時間的にも精神的にも余裕がない状態が続いています。まだどうしていこうかわからない状態ですが、このままはまったままでは、いろいろな意味でまずいので、自分の状態を客観的に見れる状態をつくらなくてはと思っています。

フィリピンの姪のことで、少しショックなことがありました。
妻がフィリピンにいるお姉さんから電話を受け取りました。
以前に私がお金を貸してあげた買ったパソコンですが、「どんなパソコンを買ったの?」とみせてくれました。そして少しいじっておりました。その後、私が触ってからパソコンが起動しなくなったという報告を受けました。

問題点は2つ
1. コンピューターを大学で勉強しているという人が2週間触らなかったの?
2. 専門なのに自分で治せず、私のせいにするの?

それに対しての言い訳。
1. 終日は自宅に戻らず学校の寮に泊まっている。自宅にパソコンが置いてあるから触れない
2. 回答はないが、わからない様子。

をいをい、一気に拍子抜けしました。事情はあるにせよ、うちの10歳の娘ですらパソコンを1日4時間ぐらい触っているよ。フィリピンのパソコンはインターネットにつながっていないにせよ、勉強のために使うんだろう。パソコン触らずにどうやって、C/C++の勉強をするんだい?ビルゲイツのように全部頭の中で、シミュレートするのかい?私は寝ていないときは、ほとんどの時間は触っているか、プログラムを考えている。

なんか、違うなぁ。期待の星でもこんなものか、、、、すごい脱力感が襲いました。

昔、ノーベル賞を得たファインマンという物理学者が「ご冗談でしょう、ファインマンさん」という本に書いていました。彼がサバティカル休暇を得て、ブラジルへ物理学を教えに行ったときのことです。ブラジルの学生は、物理の教科書を丸暗記していました。本の内容を鵜呑みにして信じ、法則や公式を丸暗記しただけです。

それはちょっと違うんじゃないの?物理学だよ。
物理って、常識を疑い、自分で法則を導き出すんじゃないの?
コンピューターも同じだよ!言語は自分が使いやすいように作り出すものだよ。決してC/C++の使い方を覚えるものじゃないよ。C/C++は、何かを作り出す道具でしかない。ときと場合によっては、PerlやPythonや、Prologやオリジナルの言語、それがなきゃアセンブリでドンドンやってよ。

すみません、ちょっと疲れてしまいました。

Written by in: 楽天日記 | タグ:

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed