8月
19
2005

サイラボの8/17放送分の追補

サイラボの8/17放送分の追補です。

1. 楽天の顧客情報漏れる

楽天それ自身ではないけれど、楽天にあるお店が顧客情報をかなり流してしまったようです。各店舗が決済をしたり、顧客管理をするために、データをCSVという形でダウンロードできるようです。それが、世の中に流れてしまったようです。

システム的な問題はなく、人為的な犯罪のようなものです。
コンピューター犯罪は年々巧妙化していきますので、それに対してはいろいろ対応策がとられていきます。しかし、人間のモラルは全然対応策がないですね。毎日のように、いろいろな会社で情報流出しておりますが、個人情報保護法の観点から会社に操作が入ったり、訴えられたりしているのでしょうか?

こうなったら、個人情報はみんな公開しましょう!
ということになったら、やっぱりやばいですかな?

2. 「iTunes Music Store」の国内サービス開始

とうとう8/4より、Appleの音楽配信サービスが始まりましたね。iTunesソフトの使いやすさといい、iPod, iPod Shuffleの普及といい、これが本命のようですね。

ソニーミュージック以外の、レコード会社はこの配信サービスを利用しているようです。これが普及すると、レコード会社のような中抜きは問屋と同じような道をたどっていくかもしれません。プロデューサー能力の高いレコード会社は、プロデューサーとして残っていく、つまり独自で商品を作る会社になっていきます。しかし、ただバンドや歌手を紹介するとこに徹しているところは、中抜きでだめになっていくかもしれません。なにしろ直接商品を消費者に売ることができてしまうのですから。

iTunesは動画配信をサポートしているそうなので、9月に出荷予定のiPod Videoへ音楽のプロモーションビデオ、そして短編映画などが配信されるようになるかもしれません。小さな画面で映画を見るのは辛いですが、語学コンテンツなどが評判を呼ぶかもしれませんね。

3. アメリカの大学は、すべて電子化へ

アメリカの大学でも有力校から蔵書などが電子化されるそうです。TeXやPDFで文書の電子化は準備がすすみ、ハードディスクも大容量で分散化・冗長化すれば消えてしまう可能性も減ると思います。

この目的はGoogleなどの検索エンジンや文書をある程度理解できる(セマンティックス)な検索エンジンを使って、すばやく検索できるものとすることが大切です。それによって曖昧なことからきちんとした検索ができる、つまり人の記憶容量を大きくすることができます。

大学の中でだけとけちなことを言わず、世界中に公開して欲しいと思います。フィリピンの田舎には図書館がなく、雑誌などもあまり売られていません。それがアメリカに情報があれば情報を得る助けになるのですが、だけど結局回線の問題やその意図がなくてダメなんでしょうね。

4. So-net、「Portable TV」を開始。ダウンロードした動画をPSPでいつでも楽しめる

ポータブルゲーム機のPSPは、iPodと張りあうのでしょうか?
単なるゲーム機ではなく、マルチメディア(古い?)端末として、音楽や映画を手軽に楽しめる端末として出てきました。iPodに比べればちょっと大きいのですが、iPodの最高機種あたりで、ちょうどぶつかるような気がします。今後、iPod Videoというのが出てくると、PSPの方が画質がいいかもとなるとおもしろいことになるかもしれません。

個人的には、音楽を聞かないし、映画なども小さい画面で見ないので、興味はありません。それよりも子どもはNintendo DSでNintendogsという犬のゲームをやって喜んでいます。私はNintendo DSのタッチパネルを使って、PDAにしてくれないかな?と思っていますが、どうなるんでしょうか?

Written by in: 楽天日記 | タグ:

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed