7月
21
2005

サイラボ7/20の追記

7/20放送分のサイラボについて、補足します。

1. 米コンピュータメーカー、「Cell」プロセッサ搭載のコンピュータを開発へ
http://japan.cnet.com/news/ent/story/0,2000047623,20084848,00.htm

石油会社および軍事関連請負業者向けにコンピュータを製造するMercury
Computer Systemsが、Playstation 3で用いられるCPU”CELL”を使用した、コン
ピューターを開発中だそうです。

この会社は特定目的のコンピューターを作っているのですが、CELLの高性能な能
力に目をつけました。特に画像能力に優れているところです。実際にCELLはスー
パーコンピューター並といいます。

CTスキャン、NMRスキャンには、高価格なワークステーションクラスの大きなコ
ンピューターが今でも使われていますが、これがゲーム機と同じ大きさのコン
ピューターで処理されるようになり、またコンピューター自体の価格も安くなる
でしょう。

これが、トマホークのような地形を認識するミサイルに搭載されたり、ミサイル
ランチャーのミサイルに載ることにもなるかもしれません。

2. ポッドキャスティングが流行中
アップル、ポッドキャスティングを実装したiTunes 4.9を提供開始

アップルが、iTunesの新しいバージョン4.9を、MacとWindowsの両方で提供しま
した。しかも無料です。iTunesはとても優れているソフトで、簡単に自分のパソ
コンにある音楽ファイルの管理できます。

さらに、iPodがあればエンコーディングや転送は簡単です。そして、欧米では
iMusic Storeから簡単に音楽曲を$1で購入できます。これは8月頃に、日本でも
始まるそうですが。

さらに、Pod Castingというのも容易にできる機能が搭載されました。
Webは文字、写真中心ですが、Pod Castingは音楽配信を容易に行うことができま
す。RSSという技術をつかって、ラジオ放送局やニュース番組の配信を行いま
す。パソコンで聴けるだけでなく、iPodに転送できます。

ライブではないのですが、個人で簡単にラジオ局をつくって、みんなに聞いても
らうことができるようになりました。

今後、流行るのでしょうか?

3. ネット利用1日平均37分、初めて「新聞」抜く

ネットの利用時間は伸びつつあります。
携帯の小さな窓やキーよりも、やはりパソコンの方が都合が良いようです。
若い人はもちろんネットの利用時間の方が多くなりましたが、50台60台もだんだ
んとネットに費やす時間が多くなりました。

たしかにネットの方が便利です。辞書や関連する情報も検索で簡単に見つけるこ
とができます。新聞もトイレで座って読むようなことができますし、捨ててしま
うのも容易ですが、日本の通勤で読むのもつらいでしょうね。

私は1日12時間以上ネットにいますので、それが平均を押し上げているかもしれ
ませんが。

ところで、新聞を止めたいと思っているのですが、新聞についてくるちらしをや
めることができず、とりつづけているのが本音です。

新聞配達の方も毎日朝と夕方、雨の日も風の日もごくろうさまです。
でもネットが普及したら、彼らの仕事をとりあげてしまうのでしょうか?

4. 韓国の携帯電話テレビ受信サービス

韓国でも携帯にテレビがつき始めているようです。
しかし日本と違います。小型の衛星アンテナをもって、直接静止衛星から受信し
ているそうです。イリジウムという衛星アンテナがついた電話みたいなもので
しょうか?

ところでそんなにテレビみたいですか?

5. “バイオメトリクス認証の一手段であり、キャッシュカードの本人認証手段と
しても利用されようとしている静脈認証に“大根”が使える

浜国立大の松本勉教授が、指の代わりに大根を使って「登録」と「認証」処理
できてしまったようです。大根で合鍵をつくったわけではないのですが、静脈が
ないのにこんなに簡単に実現できてしまうと、これが安全というものはないですね。

過去にも松本教授は、指紋をゼラチンでごまかしたり、虹彩認証も赤外線写真で
ごまかしてみせたりしたそうです。CIAからスカウトされるんじゃない?

結局、どうやって本人を認証するんでしょうね。
クローンなんてできたら、もう無理でしょうしね。それよりも多重人格の場合
は、本人でも認証できないんじゃない。こうなったら、物々交換しましょう。

最後まで、ご清聴ありがとうございました。

Written by in: 楽天日記 |

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed