7月
10
2005

起業の学校 第5日目 事業環境?現状把握(1)

今日は、起業の学校へ行きました。
とうとう5日目になりなれてきたところです。内容は事業環境の現状把握です。

先々週の第4日目は別件でいけませんでしたので、1ヶ月ぶりです。
第4日目の宿題を提出して、フィールドワークの補講は有志で今日の講義後に行
うことになりました。

第4日目の宿題:新聞・雑誌の切り抜きでも構わないので、伝えたい情報をA4で
用意する。例としては鈴木先生が、中日新聞の切抜きで愛知万博の赤十字・赤新
月館の記事、そしてMr.Childrenのタガタメの歌詞の紹介をしました。表面的な
ニュースとそれを膨らます情報です。

私は悩んで悩みました。A4という枠では小さすぎると。前回欠席したので自宅に
前回の資料とみなさんの宿題が届きました。その中に栗本さんの、丸をたくさん
描いたものがありました。そうか絵で行こう。後で栗本さんに教えてもらったの
ですが、マンダラの塗り絵だそうです。自分の気に入った色で丸を塗り絵する
と、自分の状態・心理などがわかるそうです。単純だけど、奥が深い、すばらしい。

自分が20歳前に影響を受けた本、ダグラス・ホフスタッター著の「ゲーデル・
エッシャー・バッハ」という本を凝縮したものを伝えたいと思いました。本の内
容は、数学者ゲーデルの不完全性定理、エッシャーのだまし絵、バッハのカノン
はまったく分野が異なるけれど、それぞれの根底を流れるものは同じという話で
す。科学と芸術が見事につながっていることを言っています。

エッシャーの絵は見ていて楽しいです。
見ると、数分はとりこになります。

そして、自分の心情を表しています。
最近ADHDの息子を見ていて、自分にも多少同じような傾向があることを再発見し
ました。「好きなことをとことんまでやるけれど、面白くないことは飽きてしま
うし長続きできない。」自分の強みでもあるし、弱みです。起業を継続させてい
くことは、どんなにつらくても続けていけること、私にとっては面白いことなん
だなと自覚しました。面白いことは人によって違いますが、知的好奇心の追求が
私にとっては面白いことです。毎日のルーチンワークは2日と持ちません。自分
の過去を振り返ってみると、そういう事例がたくさん出てきました。

というわけで、エッシャーの絵はとりあえず1週間ぐらい飽きずに見て、いろい
ろなことを考えさせてくれるかなと思いました。
宿題の元の絵はカラーですが、こちらにアップしておきました。もしよろしかっ
たらご覧ください(300Kバイトあります)。私が作ったものではないので、やば
かったら消します。

https://solisart.com/image/escher.jpg

Written by in: 楽天日記 |

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed