7月
05
2005

事件の一部しか報道されない…

収録した「やしきたかじんのそこまで言って委員会」という番組が日曜日にあっ
て、出演してくれる人が本音を語ってくれるので面白く見ています。

テレビはもうほとんどみなくなりましたが、昨日録画したのを見ていました。
その中で、板橋の両親を殺人した高校生の事件のことについて触れていました。

———————————————————————
6月20日に、東京都板橋区の会社社員寮の管理人室で爆発事件発生しました。
管理人夫妻が殺されているのが発見され、22日朝、被害者夫妻の高校1年生
15歳の息子が、草津温泉の旅館で、殺人容疑により逮捕されました。

少年は、次のように話しています。
「父親が自分をばかにしたので殺してやろうと思った。母はいつもハードな仕事
をしていてかわいそうだった。母がいつも死にたいと言っていたので殺した。」

少年は親が冷たくなった、仕事の手伝いでこき使われたと供述しています。警察
は、親への恨みが犯行動機かとして調べを進めています。

少年は、周囲から礼儀正しい、普通の子、おとなしい、生真面目、と評価されてい
ました。
———————————————————————–

犯罪を行うテレビゲームが、少年を犯行に影響させたのではと言われています。

しかし犯罪原因を特定する材料として、父親が熱心な創価学会会員であったとい
う事実は隠されています。テレビや新聞ではほとんど報道されていません。

父親は「信心が足りんから、お前が犯罪なんか犯すんだ。もっと信心しろ。」と
息子に言ったとか言わんかったとか。

宗教の名前は番組では伏せておりましたが、インターネットで調べるとすぐにわ
かりました。
犯罪に宗教が影響しているかどうかわかりませんが、なぜか意図的に隠すのはど
うかと思うのですがいかがでしょうか?

まあ、世の中にはこういうことは山のようにありますけれど。
真否はともかく、インターネットの社会ではだんだんと隠していくのは難しいで
しょう。

そういえば、サダムフセインはアメリカが作ったという話はありましたが、イラ
ンがイスラム国家になった遠因も、CIAが1953年頃にイランにできた社会主義政
権をつぶしてバーレビー国王を擁立させたということが言われているそうですね。

Written by in: 楽天日記 |

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed