6月
22
2005

便利さの危機

今朝名古屋へ行くために、名鉄電車で寺本駅から乗ろうとしました。

名鉄電車・バスや名古屋の地下鉄は、共同のプリペイドカード「トランパス」と
いうのを提供しています。5000円分のトランパスカードを買うと5600円分使うこ
とができて1割ちょっとお得です。

私のトランパスカードが残り少なくなっていたので、5000円積み増ししようとし
ました。すると、機械がガメてしまいました。寺本駅は急行が止まる駅ですが、
無人駅になってしまいました。10年前は駅員がおりましたが。

機械は、「インターフォンから呼び出してください」という表示があります。イ
ンターフォンのボタンを押してもなかなか出てきません。2分ほど経ったら、電
車が行ってしまいました。乗り遅れちゃった。

さらに1分ほど待つと、人の声がしました。
「どうされました?」
聞きづらいインターフォンの声でした。
「トランパスに5000円の積み増しをしようとしたら、機械が動かなくなりました。」

「こちらから状況を確認しました。駅で待ってくだされば、そちらにいきますが。」
機械は遠隔で状況を確認できるらしい。
ちょっと待て、電車に乗ろうとする人が駅で待てるものか?
よく考えて欲しい。
どこかへ出かけるから、駅に来たんじゃないか。

「いえ、急いでいますから、待てません。」

「では、お名前と電話番号を教えてください。」

名前と携帯番号を伝えた。

「すみませんが、今日のところは、切符を別の機械でお買い求めください。」

私は慌てて切符を買い求めて行った。しかし、いつも乗る一つ前の駅である「朝
倉」から「名古屋」までの料金で買ってしまった。50円高く買ってしまった。

その後、なんとか目的地にぎりぎり間に合った。しばらくすると、駅から電話が
あり、帰るときに途中駅でトランパスカードを受け取ることができた。

今日の教訓
・機械を信じすぎてはいけない
 とくに急いでいるとき、人がいないとき、トラブルに落ちる。
 そういえば、自販機でコーヒーを買うときに、おつりがでなかったことやコー
ヒーそのものが出なかったときがあったなあ。

・自分を信じすぎてはいけない
 慌てているときは特に記憶があいまいで、まちがった判断をしてしまう

・失敗してもそこから学ぼう
 失敗して損をしたときに、なんかそこから得なものがないだろうか考えよう

Written by in: 楽天日記 |

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed