5月
07
2005

フリーマーケット → 子ども対象マーケッティング

中日新聞販売店主催のフリーマーケットがありました。

フリーは、自由のFreeじゃなくて、のみの市のFleaって知ってた?
恥ずかしながら、フリーマーケットを最初に知ったときは知りませんでした。で
も、自由とも表現できる日本語っていいじゃんとも思います(RとLの区別ができ
ないけど)。

子ども服を探すときは、フリーマーケットって貴重なんです。
子どもが幼いときは、子どもはすぐ大きくなるし、またよく汚すから貴重なんで
す。幼稚園の入園式や、七五三などのお出かけのときの、よそ行きの服はどうせ
一度か二度しか着ないので、フリーマーケットで流通させるのがいいんです。幼
い子どもはシーズンが終わると、もう来年は着れなくなるので、人に譲ったり譲
られるのがいいのです。

おもちゃだってそう。子どもは飽きっぽくて、「欲しい、欲しい」とせがみなが
ら1週間ぐらいすると飽きてしまうことがあります。金銭感覚がないので、買い
与えても買い与えても、止まることはない。どんどんエスカレートしてしまいます。

ジョン・レノンの逸話に、小野ヨーコとの間にできた息子ジュリアン・レノンが
幼かったとき、「おもちゃ欲しい、欲しい」とだだをこねたことがあったそうで
す。そのとき、おもちゃ屋さんのおもちゃ全部を買って、別荘に運んだそうで
す。ジュリアン・レノンは、おもちゃの量にあきれて、それ以来だだをこねなく
なったそうです。

子どもって本当に不経済なのねぇ。
売る方は、回転率が良くなるでしょうけど。
それで、ミキハウスという子ども用高級ブランドが現れたんですよね。親はブラ
ンドの服があるけれど、子どもにはブランドの服が少ない。子どもに良い服を着
させてあげたいと思う親も増えてきて、その需要を埋める形でミキハウスが出て
きた。日曜日の7時などゴールデンタイムで、海外のかわいい子どもにミキハウ
スの服を着せて、最後に「ミキハウス」となまった声でしゃべれば、そりゃ効果的!

これから少子化が進みますけれど、子ども用高級ブランドとしてミキハウスは定
着しましたね。

小学生の子どもの授業参観へ行くと、驚きます。
お母さんたちは、きれいな服を着てシックな装いをしています。でも中には茶髪
でやんきいのお姉さんやお兄さんみたいな人もいます。そこで、子ども用に特攻
服やスケスケのセクシー服を着せたらいかがでしょうか?

自分のかつて栄光だった時代を思い出して、子どもにかつての自分を投影するの
ではと思います。だって、いまどきの小学生は茶髪が多いんだもん。

Written by in: 楽天日記 |

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed