4月
15
2005

ケーブルぐちゃぐちゃ→直流タップ特許案件

写真のように、携帯、京ぽんPHS、デジカメ、PDAの充電器などのACアダプター、
その他もろもろで、ACタップがタコ足配線である。いまやイカの10本足を超え
て、ムカデ足、ゲジゲジ足にすすみつつある。

ねぇ、このACアダプタだけでも、どうにかならない?

欲しいのは、12V, 5V, 3Vなどいろいろで、電流もそれぞれ違う。
だけど交流は全部100Vじゃん。電流はそれぞれ違うけどそのままさせるじゃん。

なのに、何で直流はそれぞれ電圧、電流が違うの?

全部5Vあるいは3Vなどで共通してよん。

という不満から、こういうのはできないだろうか?

まず、直流プラグを共通化する。
電流は大して高くなく感電するほどではないので、適当に小さいものでOK。
プラグに、RDIFタグなどをつけて必要な電圧と電流を記しておく。

CPU内蔵のインテリジェントタップが、その情報を読み取って、それぞれの電圧
と電流を供給する。パソコンの電源も、内部で12V, 5V, 3Vなどを供給している
からいけるよねぇ。量産効果あがれば、1万円ぐらいでできるよねぇ。

その方が全体として省電力になるのではないかな?

どーせ、誰か特許をとっているから、とってなくても儲けるより便利になるほう
がいいから、早くつくってよぉー。

Written by in: 楽天日記 |

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed