4月
05
2005

【映画】Chasing PAPI (邦題:ワタシにキメテ)

脳天気な、ハリウッド発のラテン系ラブコメディ映画。

モテモテのロサンジェルス在住の男が、マイアミのセクシー女とシカゴの女性弁
護士、そしてニューヨークのお嬢さまの3人に同時に恋をしてしまう。

その3人がロサンジェルスへ同時にやってきて、はちあってしまうというところ
から始まる話。全然深刻なところはなく、ラテン系の「気にしない」ってノリで
話はすすんでいく。

最初は一人の男を取り合って反目しあうのだが、犯罪に巻き込まれて3人が団結
していく。そして最後はそれぞれの夢を実現することが大事で、「男なんていら
な?い」というところで終わる。

こんなストーリーは、ストレス解消と気分爽快で大好きです。なーんにも悩み無
しです。何か悩みがあったら見ましょう。

———————————————————————

僕はずっと論理ガチガチのオタクっぽい男です。
しかし、こういうラテン系の南方系の女性に憧れていました。サルサやタンゴな
どのダンスを踊る女性を見るとぼぉーとなったり、セルビアでフラメンコを見た
その夜は発情してしまって一緒に見た日本人女性のホテルへ押しかけて行ってし
まったことがあります(ホントです(-_-;)。

イタリアやスペイン、メキシコ(他のラテン系の国は行ったことありません)へ
行って、女性の後ろをつい歩いてしまったりしたことがあります。実は日本女性
も、(ラテン系ではありませんが)浅黒の沖縄の人にだけしか興味がもてなくて
悩みました。

きれいだな美しいなと思える女性でも、声をかけるようなリスクは出てきませ
ん。もし一緒に夜を過ごすようなことがあったらどうしよう怖いなと思いまし
た。(そんなことはまったくの杞憂でしたが)

そんなわけで、アジアのラテン系と言われるフィリピン女性と結婚したのかもし
れません。女房はなぜかフィリピン人の顔ではなくてインドやラテン系の顔の近
いですが、やっぱりラテン系に惹かれていたのかもしれません。よくペルー人や
ブラジル人から、声をかけられるそうです。

もし若いときに、南アメリカへも行っていたら、たぶん今ごろはチリあたりで日
本人ガイドをしていたかもしれません。ベネロペ・クルス似の女に入れ込んで、
恋のために殺生沙汰になり死んでいたと思います。昔から3Cと呼ばれる国、
Costa Rica, Columbia, Chileは美しい女性が多いそうです。

ドンデ エスタ、セニュリィータァー? サヤオ!

Written by in: 楽天日記 | タグ:

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed