4月
02
2005

電車輸送>トラック輸送

昨日まで、トラックを自動運転すればよいと思っていたが、レールの上を走る電車の方が都合がよい。

電車の長所
・レールと電車のメンテナンスは、トラックのメンテナンスより上
・荷物量に対して、人力が少ない
・環境にやさしく、エネルギー効率がよい
・レールの幅は、道路の幅よりも少なく済む
・燃料を入れる手間がかからない

電車の短所
・踏切が存在して、交通事故がおきる可能性がある(新幹線のように専用路線を用意すればいいか)
・駅を用意しなくてはならない
(トラックも止める場所がいるから、大きな問題ではないか)
・路線を柔軟に増やすことができない
(最初にレールを引かないといけないが、トラックは道があればOKだ)

調べてみたら、2003年に佐川急便もトラック輸送から電車輸送への切り替えも考えているそうだとわかった。

——————————————————————-
http://www.mclc.co.jp/2xxx-xxx-xxxxx.html

5.「コンテナ電車試験運転を開始」・・・JR貨物
 日本貨物鉄道(JR貨物)は1月23日、国内初の電車型コンテナ貨物列車「スーパーレールカーゴ」を開発、試験運転を始めたと発表した。最高速度が時速 130キロと従来の機関車型に比べて約2割速い。東京?大阪間を約40分短い6時間で結べる。2003年度中にも佐川急便が宅配便などの自社専用列車として利用する。
 開発した電車型貨物は16両編成。10tトラック28台分のコンテナを積載できる。総重量は約800t。機関車型に比べて3?4割軽く、エネルギー効率の改善も見込める。鉄道貨物輸送は環境負担が少ないことから再び注目されており、同社はトラックからの切り替えを促す。開発費は十数億円とみられる。5.「コンテナ電車試験運転を開始」・・・JR貨物
 日本貨物鉄道(JR貨物)は1月23日、国内初の電車型コンテナ貨物列車「スーパーレールカーゴ」を開発、試験運転を始めたと発表した。最高速度が時速 130キロと従来の機関車型に比べて約2割速い。東京?大阪間を約40分短い6時間で結べる。2003年度中にも佐川急便が宅配便などの自社専用列車として利用する。
 開発した電車型貨物は16両編成。10tトラック28台分のコンテナを積載できる。総重量は約800t。機関車型に比べて3?4割軽く、エネルギー効率の改善も見込める。鉄道貨物輸送は環境負担が少ないことから再び注目されており、同社はトラックからの切り替えを促す。開発費は十数億円とみられる。

——————————————————————-

トラックをIT化するよりは、電車をIT化した方が速いみたい。
電車にはハンドルはなく、マスコンというモーターに流す電流の抵抗のコントロールだけだからね。
荷物専用線路の多くは廃止になってしまったが、線路に人が入れない専用路線を用意する。そこに時速100kmぐらいで走る電車をたくさん走らせて、完全自動化させたらいいのではないかな?

一部の区間では無人で走る電車もある。完全自走式のコンテナ電車が、前後100mぐらい空けて、時速100kmぐらいで走る。
電車のコントロールは中央管理のコンピュータに任せれば、都市間は自動的に荷物が運ばれるということにならないかな?

なんとなくできそうな気がする?
新幹線だって、夜中に100kmぐらいだったら騒音は少ないから可能ではないでしょうか?

どうですか、JR貨物さん!

近い将来、トヨタさんが完全自走式のクルマをつくってくれると思う。
「目的地は東京ね」と言ったら、クルマの中のベッドに寝たら朝東京に着いていたらいいなぁ。新幹線に乗る2時間よりも、寝ている間に着いてくれていた方がいいもの。

Written by in: 楽天日記 |

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed