4月
01
2005

退職の日

今日は退職の日でした。

同僚の一人が入院しているので、昨夜のお別れ会で会うことができませんでした。それで別の同僚と一緒に病院へ見舞いがてらに、お別れを述べに行くことになりました。

最近運動する機会が減っているので、なるべく歩いていくような道程で行きました。電車にのっている時間は30分ぐらいだったので、片道で1時間以上歩いたと思います。

入院しているのが退屈そうに見えたほど、扁桃腺の腫れも引いて元気そうでした。私はお別れの言葉を言えて一安心しました。身体あっての人生です。何よりも健康が大事だとつくづく思います。

健康にだけは気をつけてください。何をするにも健康が大事です。
健康であれば神に感謝しましょう。たとえちょっと健康を損ねていても、生きていることに感謝しましょう。本当は神様は信じていないんだけど、私を生かせる運命のようなものには感謝しています。

見舞いの時間が長引いて、みなさまに最後のお別れをする時間が減ってしまいました。後片付けと掃除もやって、たまたま仕事で在席している人と話はできました。
そして社長ともできました。

なんとなく、生前葬のような感じもしたけれど、非常によい思い出ができました。

ほんとうにみなさん、ありがとうございました。

別れるときも気持ちよく別れることができるといいですね。
幸せです。

Written by in: 楽天日記 |

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed