3月
31
2005

はじめての職安

はじめて職安へ行ってきた。

1/31付けで退職したのだが、郵便で離職票を受け取ったりで時間がかかって、1週間後の本日職安へ行ってきました。ハローワークという呼び方は、英語としてなんか引っかかる。

39歳にして初めてです。
一度だけ職安に行く機会があったのだが、会社を休職して大学院へ通った後に退職したときかな。

ところが大学院の間は休職していてその間は給与が0。離職票をもらって失業保険の給付をもらっても、事前6ヶ月の給与は0。つまり失業保険の対象にならないから、職安にいかんかった。最低給付金額でも対象になったのかな?

結局そのときは、知り合いから紹介してもらって、名古屋の会社の就職しました。その後の転職したことがあったが、仕事が先に見つかっていたから結局職安に行く必要がありませんでした。

知多市に住んでいるから職安は半田市になる。半田高校に通っていたから、職安の近くの土地カンはあるのですぐにわかった。ここは車がないと移動が大変なので、当然車で行く。車で行くといつも気になるのが、「駐車場があるかな?」

職安は混むと聞いていた。11時頃に到着するようにずらして行ったら、待ち時間は5分くらいで拍子抜けした。会社から送ってもらった離職票と、写真、印鑑、通帳と運転免許証を持参する必要がある。写真は、3cm×2.5cmと小さいがパスポート写真と一緒にとった小さい写真があったのでそれを使った。ちょっと大きいが大丈夫みたいだ。

通帳は失業保険を振り込んでもらう口座のためだが、なぜか外資系銀行とインターネット銀行はダメだ。うーん、通帳のないCitiBankとインターネット銀行ばかり利用しているので、地元の幼稚園とマンションの管理組合指定の銀行の口座を使うことにした。
なんで外資系銀行とインターネット銀行はだめなんだろうか?

受付に離職票などを渡したら、職務経歴書みたいなものを書けと用紙を渡された。自己アピールと希望年収などを書くところだ。まじめに書いたら15分ぐらいかかった。

それを1階の別の担当に渡して、自分の名前が呼ばれるのを待つ。すぐに呼ばれて、就職したいという気持ちがあるかどうかを確認されて、雇用保険の説明会に出席するように言われた。その他、今後のスケジュールについて説明があった。

自己都合退職なので、3ヶ月の猶予期間があって失業保険がもらえるのはそれからだ。3ヵ月後に職安が指定した日にちゃんと、職安に来ないと失業保険はもらえない。病気や会社の面接があっていけない場合は、きちんとそれを証明しなくてはいけないようだ。その証明書のサンプルも、「受給資格者のしおり」という小冊子をもらったが、その巻末にのっている。

失業保険の手当ては、失業前の直前6ヶ月の合計金額を180で割った額が、賃金日額とされる。これが約12000円を超えると給付額は50%となり、さらにその上限が決まっている。私の場合は上限値で¨劫になったし、女房とも日本語ばっかりだから600点もとれないかもしれない。

このように自己評価するのは、最近まで自分が採用側についていたからかもしれない。職務経歴書を見たとき、それが即戦力になるかどうか、潜在能力があるかどうか、というのを斜めに判断していた。実際は、1ヶ月ぐらい一緒に仕事をしないとわからないと感じた。

職務経歴書は主観でかかれているので、資格などではよくわからないところがある。素養があるかどうかしかわからない。能力があれば歓迎だが、対人能力や素直なところなど社会的能力もかなり重視する。

ということを考えながら、職安にコンピュータールームがある。そこには50台以上パソコンが並んでいて、タッチパネルで操作する。係の人に、「ハローワークカード」をみせると、30分間仕事のデータベースを見ることができる。
印刷も求人カード5枚までOKだ。
全文検索があればいいのにと思ったのは、私だけだろうか。

40歳近くになっての就職先は厳しいと聞いていたが、SE、プログラマーはまだなんとかなるようだ。とはいっても、80%ぐらいは派遣みたいだ。

一つの求人を、20社ぐらいの派遣会社が紹介している。
これはひどいな。
派遣会社というのは比較的簡単に開業できるのか。
実は大学院時代にアルバイトとして派遣会社の内部に少し関わったのだが、派遣会社は派遣社員に教育をする義務があるのだが実際はやっていないところが多い。あったとしても簡単なOA操作程度で、派遣社員の経験に頼っている。

派遣会社は上前をはねるだけの機関に成り下がっているが、もうちょっと派遣会社の営業も顧客の会社と派遣社員の相性や能力のすりあわせができればいいのになと思ったことがある。

派遣会社の営業は、実際に派遣社員がどんな仕事をするのかよくわかっていないことが多いからだ。

でも中にはこれはと思った会社もあったので、試しに明日トライしてみよう。
(いちおー就職予定。どうしてもだめだったら自分で仕事するしかないということなので)

Written by in: 楽天日記 |

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed