3月
24
2005

鬱になっていく…

Zさんと初めてお会いすることとインターネットテレビの収録があったので、大坂へ行ってきた。

Zさんと、今日収録した番組を見てくださる視聴者の方へ、申し訳ないです。

最近、営業活動やらなんやらが負け状態が続いていて、おまけに家に引きこもっているので、だんだんと鬱になっていっています。かろうじて救われているのは、明るい妻と子どものおかげです。

収録は準備を充分にしておりましたけれど、自分自身に張りがないのでそれが映像を通して伝わるかもしれません。それで視聴者の方の気分が悪くなったら、申し訳ないと思います。

躁鬱病ではないのだけれど、躁状態になったり鬱状態になったりすることは誰でもあることだと思います。躁のときは向かうところ敵無しと思い込み、「俺は天才だぁ?」とドコドコやるのですが、次第に現実に目覚め返って来る反応を見て、だんだんと鬱になっていきます。

鬱は決して悪い状態ではありません。少し気持ちが引きこもって、「あーでもない。こーでもない」とさまざまな考えに集中します。処理能力の足りない脳CPUでがんばっていろいろ考えます。そして鬱が終わる頃には、「これでいけるかもしれない」と難しい数学の問題を解けたことも何度かありました。コンピューターのプログラミングが飛躍的に解決したこともありました。
(問題は一人で解くことですね)

一方、躁の方が悪い結果を出すことが個人的には多いです。世の中、明るくなければよくないと思い、自虐ネタでも破壊ネタでもなんでも明るくしようと努めます。ついつい深刻な状況のなかでチャチャを入れてしまったり、カラ元気で上司や先生に歯向かっていったりします。あとで強すぎる敵にぶつかっていたことを反省することしばしばです。

次に良い波がくると信じて、待ちましょう。

Written by in: 楽天日記 |

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed