3月
13
2005

【映画】あずみ

上戸彩さんのあずみをみました。
娘が大きくなったらこんな感じかな。私にとって20歳以下の女性は性の対象にはならず、娘に見えてしまいます。ロリじゃないみたいだ。

あずみ2が今月封切られるので、初めて地上波に登場したんですね。それを録画していたものを今日見ました。

物語は漫画でも有名のようだし今後ゲームにもなるので、日本の映画としては珍しくしっかりしていました。

ストーリーは日本が戦国時代の頃、孤児が武芸者によって非情の暗殺者として育てられる。暗殺者の女の子は、動きが素早く、敵を次々とぶっちぎる。そこにいろいろなストーリーが絡まっていきます。

ちょっと気になるのは、身体の小さい女の子が長い剣を振り回すことができるのかという疑問。剣は5Kgあるでしょ。それを体重40Kgぐらいの女の子が自由に振り回して、ときには相手の剣を止めたりするし、そんなのが可能かな?

柔道や合気道のように相手の力を利用してさらっと流したり、小さい剣を持って戦うのならばわかるのだけど。

暗殺軍団自体は、昔のイランに暗殺教団(アサシン)があったり、中国や他にもありそうな話かな。

Written by in: 楽天日記 |

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed