3月
01
2005

無職の人の一日

「無職だと暇をもてあそんでいるでしょう」と聞かれるが、実はそんなことはない。退職後2週間経て、やっとペースをつかんできた。

不労所得があったり、大きな財産があって、好きなことをしていけるというならばいいんだけど、、、今のところ2年の猶予しかありません。
それで死んじゃえば、最後は不労所得者として臨終を迎えるんだが、残念ながら生命保険は1000万しかない。誰かに交通事故で殺されれば、1億ぐらい保険がおりて、家族は幸せになれるかもしれない。

そういえば、子どもの頃は1999年でノストラダムスの予言で世紀末を迎えると本気で信じていた。それから6年、今は余りの人生かもしれないなぁ。

こんなことを泳ぎながら考えていた。毎日毎日1時間1時間が非常にいとおしい。その時間を自分の自由に使えるなんて、やっぱりフリーがいいかなぁ。

では無職の人はどんな一日を送っているのだろう。

8:00 起床。娘が学校へ行く準備をしているので目が覚めた。
8:10 身支度をして、牛乳1杯飲む。新聞にも目を通す。
8:30 パソコンに電源入れ、Webでニュースとメールを読む。
9:00 CSSとPHPの勉強。サンプルプログラムをつくっていろいろ試してみる。
11:30 妻が風邪をひいたので、早めに昼食をとる。
12:00 昨晩録画した、スタートレックDS9をみる。2本放送するが1本は見たことがあるので、スキップ。
13:00 CSSとPHPの勉強。
15:00 久しぶりに温水プールへ行く。子どもが帰ってきてうるさくなるから逃げるという理由もある。平泳ぎとクロールで1.5kmを泳いだ。
18:00 自宅に戻って、家族揃って夕食。
19:00 Webのニュースとメールを読む。
21:00 妻とテレビをみる。妻と時間を過ごすことは、家庭の平安からいっても大事。
23:00 妻は就寝。ひきつづき、CSSとPHPの勉強。
26:00 就寝。

こんな一日である。

妻の買い物につきあったり、別の予定が入って出かけることもある。
だいたい家で、デスクトップパソコンとノートパソコンに向かって、勉強している。勉強がそのまま仕事になることもあるけれど。

Written by in: 楽天日記 | タグ:

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed