3月
01
2005

娘がメールをはじめた

一週間近く、駆けずり回っていたらさすがに疲れた。
からだもだるい。
風邪のウィルスが同居しはじめたようだ。
まだ咳はでないが、鼻腔の奥でぐずぐず感と小さな頭痛を感じる。

XOOPSのプログラミングの勉強をしている。
PHP+MySQLという標準的な組み合わせだが、容易にポータルサイトを作ることができる半パッケージのようなオープンソースだ。改造も可能なので、これをベースにつくっていくのもいいかも。

使わせていただくならば、何かモジュールをつくったりして、恩返しができたらいいなぁと思う。まだPHPの勉強を始めたばかりでたいそうなことはいえないけれど、馴染んできている。

小学校3年の娘がお昼過ぎに帰ってきた。
クラスでインフルエンザにかかった人が多くて、クラス全員が早引きになったそうだ。娘は学校が早くおわってうれしいようだ。
服はそのままで、自室のパソコンの電源を入れ、すぐにダイナスティアを起動した。未だにダイナスティアがおもしろい理由がわからない。
本人は「他の女の子とお話できるのがおもしろいの」という。
見ていると、挨拶をしたり情報交換をしたり、服の作り方を教えてもらったり、教えたり。

しばらくすると、「画面の右下で何かでてくるけど、これなーに?」と尋ねてきた。これはMSNのメールだよと教え、クリックする。するとブラウザが起動して、MSN HotMailの画面になった。
「この画面でメールを読んだり、書いたりできるよ。試しにやってみるか」

最初は娘は「送信」ボタンを押すところを、「クリア」ボタンを押したりして、失敗していた。でも少しずつなれてきた。

「パパ、夜中にゲームばかりやっちゃいけないよ。」
「ちゃんとメール2通届いた?」
「そうだっけ。
 パパー、やりかたわかった」

というような1行か2行の短いメールだけ。
私ならいつも長いメールを書いてしまうが、今の子は短いチャットのようなメールを書くのかもしれない。

娘はパソコンは持っていないけれど、携帯メールの使える友達にメールが送れるといって喜んでいた。

娘にチャットを教えたが、メールも身に付けた。
変な人や変なサイトには気をつけるよう言っておかなければならないかな。

Written by in: 楽天日記 |

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed