2月
21
2005

PHPによるRSSテロップ表示

今日一日、PHPをいじっていた。

RSSをHTMLに表示するために、いろいろやっていた。
RSSは、ニュースなどを配信するXMLフォーマットだ。
昨日まで使っていたのが、rss2html.php(http://www.feedforall.com/) というので、別にHTMLのテンプレートファイルを用意するとRSSを展開する。
これを複数のRSSをまとめて表示しようとするとなかなかうまくいかなかった。

今日見つけたのが、MagpieRSS(http://magpierss.sourceforge.net/)。これは最小限のコードでRSSをHTMLに展開できる。
実際に導入してみると、日本語が化けるという問題があった。このライブラリの中で”ISO-8859-1″という文字変換をしているためだ。これは、欧米のアルファベット、つまりa,e,oの上に点々がつくウムラウトや、ドイツ語のβに似た字に変換するためにある。日本語の処理ではこれをすると文字化けするのだ。
これを直して(Googleで検索するとみつかる)、うまくいった。
UTF-8という文字をデフォルトにすると良いみたいだ。

このMagpieRSSの良いところは、キャッシュのデータをもっている点。一定時間の間は、RSSにアクセスしないので負荷を軽減できるところがよい。

ほとんど全てブログはRSSがついているし、朝日新聞(http://www3.asahi.com/rss/index.rdf)やニュースサイトにRSSがついているのもある。HPから独自にRSSを作っているとこもある。

http://bulknews.net/rss/
http://www.akiyan.com/rss_distribution/

RSSのおかげで、デザインに凝ったHPからニュースのような本当に必要な情報を引き出すことができる。こんな考え方は当初からあったが、ようやくここにきて普及してきたといえよう。

ITではデザインとプログラムの分離開発がはかられてきた。そしてこれで、データも分離されることになる。それぞれのものがパーツとして、ユーザーサイドで選択することができれば、ポータルサイトとなる。それもMy Yahooから発展した、個人ポータルへの道へ一歩前進する。

Written by in: 楽天日記 |

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed