1月
12
2005

株の儲け方2

昨日はとてもいいかげんな話だったけど、波の低いところで波にのり、高
くなったら波をジャンプして(売って)、他の低い波にのる。
水力発電のように水を高いところから低いところへ流すときに、利益がで
る。

問題は、どの波が低いのか、乗った波がどこまで高くなるかということだ。

波が低いと思ってもまだまだ低くなるかもしれない。波がどこまで下がる
かを見極めなくてはならない。

波に乗った後も、どこまで高くなるかを判断しなくてはならない。もっと
高くなるといっているうちに、ざぶーんと波は砕けてしまうかもしれない。

サーファーが波を見極めるには経験とカンが必要。また自分の実力以上の
波にトライしても、波にもまれてうまく乗れないかもしれない。

自分が良く知っている分野か、あるいはこの会社で失敗しても構わないと
いうファンになれる会社に投資すべきだ。

「あれが儲かるよ」とかの外聞に惑わされず、一時のブームに踊らされる
ことで儲かる話は少ない。それはハイリスク・ローリターンである。

ほとんどの会社はつぶれない限り、長くもっているといつかは株価は上が
ると思う。それが数ヵ月後か数年か、あるいは数十年か、それはわからな
い。そのときまで遊んで良いお金かどうか?
あるいは他にもっとお金を増やす方法があって、株より儲かる道が他にあ
るかもしれない。

でも、ゼロサムゲーム+成長力=株価だから、博打よりも良いと思う。

個人的には、(逆ざや+失敗要因が少ない+カン)/3ところを狙ってい
ます。

Written by in: 楽天日記 |

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed