12月
28
2004

株のはなし

私が株式に初めて手を出したのは、19歳の頃だったと思う。

浪人して大学へ入って1年の秋頃だったんじゃないかと思う。
どの株を買ったのか忘れたが、ホンダかミツミ電機かなんかだったかな。
キヤノンかリコー、シチズンあたりだったかもしれない。
電機、精密あたりの日本の技術を売り物にしているメーカーに焦点をあて
ていた。今ではいろいろ経営や投資などを勉強したが、技術が多少ともわ
かるもの以外は手を出していない。

もう株暦は20年ぐらいになるが、実はそのころの5年ぐらいからは実は手
を出していなかった。株に手を出すよりは、自分に投資をするため貯金を
したり、研究するのに時間を費やしたかったからだ。

あの頃は怖いもの知らずだった。
19歳に初めて株を買ったときは、ずっと貯めていたお金と家庭教師をした
バイト代で合わせて120万円ほどあった。それで初めて何か、1000株110万
円ぐらいの株を買ったと思う。
半年ぐらいで20万か30万ぐらい儲かった。
手数料や税金の高さも知った。手数料は片道1%、税金が0.5%だから、
2.5%ぐらいはとられてしまうから、それを差し引きして利益をださないと
いけない。

株の売買は、短いもので3ヶ月、長いもので3年近く、いろいろ売買して
300万円ぐらいになったと思う。そして、NTTの放出株を2株買った。
あのときはブックビルディングで103万円ぐらいになり、公募価格が119万
7千円だったと思う。バブルのはじまりぐらいのときで、この株を購入で
きるのが抽選となって結構週刊誌やテレビなどで騒がれていた。

この抽選は、普通に証券会社から申込ができた。手数料などもいっさいと
られなかったので、父、母、私の3人で申し込んだ。父は株に興味がない
ので、名前だけ借りた。そしたら、なんと母と私が当選して2株の権利を
得た。くじ運は良くないのでラッキーだった。

その後公募価格が119万7千円と高値だったことに母は買うのを躊躇したの
で、私が引き受けて2株買った。1987年1月だったかな。
その後、公開後にぐんぐん値をあげ、2月には倍の240万を突破した。私は
1株分を260万円ぐらいで売って、もう1株をそのまま持ち続けた。

こんなあぶく銭が怖かった。自分を変えてしまうのではと思った。
その前の夏に中国へ2ヶ月放浪したことに味をしめたことを思い出した。
ええい、あぶく銭をつかっちゃったろう!
そして280万円のうち、100万円を日本円トラベラーズチェック(以下T/C)
に。6000ドル(当時150円/USドル)の米ドルT/Cにした。後は米ドルと日
本円の現金と旅行準備費用にした。アメリカのビザ取得手数

Written by in: 楽天日記 |

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed