12月
16
2004

フィリピンへの電話料金

私が加入しているプロバイダーがアサヒネットなんだが、IP電話Fの料金
が高いままである。胴元のぷららがフィリピンまで1分22円に安くなった
んだけど、1分35円のまま。
今、プロバイダー移行を計画中。アサヒネット、なんとかせい。
苦情をいったが、1週間なしのつぶて。アサヒネットも落ちたかなぁ。

ところで、我が家のフィリピンへの電話料金の変遷。

フィリピンへの電話料金が、毎月7千円ぐらいかかっている。

結婚当初の10年前(1995)は、実は田舎の自宅からはできなかった。あ
らかじめKDDに登録をしないといけなくて、妻が来日した当初は車で国際
通話ができる公衆電話まで行った覚えがある。
・フィリピンからのコレクトコール(最初の3分が3500円、その後1分ずつ
500円ぐらいだった)
・直接日本からかけると、最初の3分が500円ぐらい。その後1分ずつ100円
ぐらいかな。

その後、KDDに登録したら(1996-1997)、第ニ電電などの業種が現れて、国
際電話ができるようになった。
・もうコレクトコールはこりごりだったので、フィリピンからかかってき
ても無視をした。フィリピン側でもコレクトコールするだけで手数料と
して100円以上支払っていたそうだ。
・自宅の電話から1分100円ぐらいでかけることができるようになった。

1999年ぐらいから、プリペイドカードによるコールバックシステムができ
た。
・おおよそ1000円で20分ほど。Fusionなど安い電話サービスがでて、1分
60円ぐらいだったか。

2002年から自宅にADSL回線を引くことができ、IP電話サービスに加入。
・フィリピンまで1分35円になった。プリペイドカードはIDなどを入れて
面倒だし、つながらないことが多いので、IP電話だけになった。

ただ問題は、電話料金は安くなったんだけど、毎月の料金は安くならない。
ずっと1万超から5000円ほどをぶれている。

いつかフィリピンの親戚宅も常時接続になって、Skypeで通信できないか
なぁ。

Written by in: 楽天日記 | タグ:

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed