2月
16
2004

15日の日記

今日、吉岡秀隆のシルクロードの旅のドキュメンタリーを見た。
17年前に、ウルムチ、トルファン、カシュガルなどを旅してきたので懐か
しい。ウルムチは大きなビルがたくさんそびえたつ近代都市となっていた
が、他の都市はさほど変わらなかった。

21歳のときに感じた、希望や夢を呼び戻してくれる。
自分も原点に戻って、生きていることを再確認してくれる。
身動きがとれないわけでもない、まだまだ自分には壁を乗り越えていくこ
とができる。
壁は乗り越えるためにあるから、そこに存在する。

Written by in: 楽天日記 |

コメントはまだありません »


コメント&トラックバック




トラックバック URL

コメントのRSS feed