アーカイブ

‘wordpress’ タグのついている投稿

wordpressを2.8にアップグレードしたら管理画面がおかしくなった

2009 年 6 月 11 日 コメントはありません


wordpressが2.8に正式にバージョンアップしたというので、このブログを2.8にバージョンアップしようとしました。


正常にバージョンアップしたと思いきや、管理画面がうまく表示されません。

blogブログの外面はいいのだけれど、ブログを書いたり編集するための管理画面が大変なことになった。

どうもcssが効いていないらしい。

http://shockby.com/wp-admin/load-styles.php?c=1&dir=ltr&load=dashboard,plugin-install,global,wp-admin&ver=278e896882ccaccb587de3e5e99b9e6e

へのリンクであるが、& が&になっていないからだろうか?

というわけで、修復中。

CSSが適用されない不具合が出てた時の環境は、WordPressディレクトリ下の.htaccessに下記を書いておりました。

<files *.php>
AddHandler application/x-httpd-php5cgi .php
</files>

面倒臭かったので、こんな設定にしていたわけですが、最近、スピードアップしたいので、個別にCGIをしようと修正していたのが、解決の糸口でした。
結果、上記3行をコメントアウトし、

#<files *.php>
#AddHandler application/x-httpd-php5cgi .php
#</files>

WordPressディレクトリ内のwp-admin下に、.htaccessを作成し、下記を記入

<files async-upload.php>
AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php
</files>
<Files plugin-install.php>
AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php
</Files>
<Files update.php>
AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php
</Files>
<Files update-core.php>
AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php
</Files>

xreaのphpはセーフモードで動いていて、ファイルを更新することができない。ファイルを更新する必要のあるphpはCGIで動かすのだが、まったく上と同様の話であった。

現在修正が完了。

助かった。


カテゴリー: wordpress タグ: , ,

WordPressの復旧

2009 年 5 月 3 日 コメントはありません

昨日の夜、ブログを書いていました。

最後に明治村の静止画をアップしてから、ノートパソコンを閉じました。翌日ノートパソコンを開いて続きを書こうと思いましたが、ブログを見ることができません。

あれ、静止画をアップしている最中にブログが壊れてしまったのかな!?

何度開きなおしても、別のブラウザで見ても、壊れてしまったようです。

復旧だ!

毎日データベースのバックアップを行っていますので、昨日までのデータは残っています。ただ元に戻せるかどうかは、システム構築と同じように一度はやってみないとわかりません。まあ自分のブログだからね。

とりあえず、データベースのバックアップを手動でもやってみます。phpmyadminからSQLをgzipで固めて出します。

そして以前にパスごとバックアップした中身を別のパスにアップロードします。

静止画も少ないのですぐ済むはずですが、50数カ国語用に翻訳できるように設定したのがそれぞれキャッシュファイルを持っていてずいぶんファイル数が多くなってしまいました。

設定をしたら、新しいパスに設定したWordPressはうまく表示されました。

ただ一昨夜にアップした文章がありませんし、途中書きで保存しておいた明治村分がありません。2日分を失ったのは痛いと思い、一度データベースを消して、直前に全部をバックアップしたデータを戻すことにしました。

しかし、うまく戻りません。

データはSQL文でバックアップしており、テキストエディタで開くことができます。しかし500MBを超えており、普通のテキストエディタで開くことはできません。テキストを編集できない代わりに見ることだけができるソフトを探してダウンロードして、それで開いてみます。

途中からデータがなくなっています。

データが多すぎてうまくバックアップができなかったようです。レンタルサーバーに割り当てられていたメモリーかCPUの負荷が一杯で、途中で止まってしまったようです。

バックアップは気をつけましょう。

結局、2日分のブログはあきらめて書き直しました。
ググって見たら、ちょっと古いバージョンのものがキャッシュに残っていてそれをコピーして貼り付けて楽をすることができましたが。

WordPressはパス全体をバックアップして、データベースの内容をバックアップしたらなんとかなるようです。

またデータのバックアップは気をつけましょう。

どうも静止画をアップしたのが途中だったのか

カテゴリー: wordpress タグ:

ブログを41ヶ国語対応にしました

2009 年 3 月 17 日 コメントはありません

このブログを41ヶ国語対応にしました(笑)。

WordPressのプラグインである、ブログを41ヶ国語に翻訳できるGlobal Translatorを導入してみたんです。

右側の国旗の形をしたボタンを選ぶと、Google 翻訳でブログ全体を他国語に翻訳してくれます。これで妻は英語かタガログ語でチェックするかもしれません。
ws0000001

逆に妻にタガログ語か英語でブログを書かせて、家族全員でブログなんて阿呆なことを考えたりして。

導入の方法は、http://haaya.net/1333 に詳しく書いてあるので、違うところだけ述べます。

以下のサイトで最新版のGlobal Translatorをダウンロードしてインストールします。
最新版は1.2.1でした。

http://www.nothing2hide.net/wp-plugins/wordpress-global-translator-plugin/

xreaの場合は、phpはセーフモードで動いているので、Webアクセスによりphpがファイルを作成することはできないようです。そのためPHPをCGIで動かせば回避できます。

wp-content/plugins/global-translator に、.htaccessを作成して以下のように記述します。

<files translator.php>
AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php
</files>
<files header.php>
AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php
</files>
<files options-translator.php>
AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php
</files>

Google Translatorの機能を使っていますが、このプラグインではなく翻訳ツールのJavaScriptを入れることでも可能なようです。

<script src="http://www.gmodules.com/ig/ifr?url=http://www.google.com/ig/modules/translatemypage.xml&up_source_language=ja&w=160&h=60&title=&border=&output=js">
</script>

このページに、Google 翻訳のことがかかれています。

http://translate.google.co.jp/translate_tools?hl=ja

カテゴリー: wordpress タグ: , , ,