アーカイブ

‘フィリピン’ タグのついている投稿

妻がFriendsterにはまる

2009 年 6 月 5 日 コメントはありません

妻がインターネットに入りだして半年ぐらい経った。

それまでキーボードを打つのもおぼつかなかった。

だって、私は大学で「コンピューターの授業を受けていなかったから」

そんなの私は人に教えてもらったことはないし、娘も息子も私が少し教えたら勝手に触っているので言い訳にはならないけれど、、、


これまで、メールアドレスを与え、いろいろなSNSのIDをとってあげて、smart.fmで日本語の勉強をしたらとアドバイスを与えていた。

フィリピンにいる甥や姪と最近メールのやりとりを始めている。そして、FriendsterのIDを教えてもらってアクセスしてみる。FriendsterというSNSは、大手のSNSの一角を占めるが、最近は他のMySpaceやFacebookに押されているが、アジアでは1位のようだ。


妻のFriendster


甥や姪のプロフィールにある写真を見て、家族や近所の知っている人の写真を見て、喜んでいる。

さらに、私の学校時代の友達を探すにはどうすればいいかと聞く。
検索のこつは、いきなり固有名詞で絞るとミススペルがあったり、登録名が違っていると見つからないからと教えて、、、でもわからないようなので、私が代わりに検索してあげる。

「おぉお、高校時代の友達。久しぶり。高校時代はとても頭がよかったのよ。船員と結婚したんだ」

次にまたいとこの名前で検索して、みつけてアルバムを見る。

「おおお、この写真のこの人は、私たちのGod Parents(日本でいう仲人)だよ。ほら結婚式で あったじゃん。老けたね~(もう15年経っているからね)」

妻の出身地でも検索する。
“Hometown”で地名を入れればいい。

そうすると、小さな部落なのに16人もヒット。人口200人ぐらいだと思うが高確率。
連絡をとっていない姪のページを見つかり、さらに数珠繋ぎで他の姪のページも見つかり、2年前に結婚した姪の夫ととの写真もみつかる。

そんなわけで、妻はFreindSterにはまった。

年齢層は、20代が多く、30代は少ない。
インターネットに常時接続している人はわずかなのでほとんどが、インターネットカフェが電話のモデムでつなげていると思う。でもこの普及率はすごいなぁ。

それにプライベートな写真をこんなにばらまいていいのだろうか。誘拐や殺人、強盗が多いこの国では心配だ。フィリピン人はアルバムが好きだからな。フィリピン人の家に行くと、まず家族のアルバムを見せられる。そんなところからはやっているかもしれない。


今日は妻にノートパソコンを取り上げられてしまった。

フィリピン料理

2009 年 5 月 31 日 コメントはありません

友人のお子さんの誕生日パーティに行ってきました。

奥様がフィリピン女性で妻とも友人です。


自宅では、妻は日本料理を作ってくれますので、久しぶりのフィリピン料理でした。

にがうりやへちまを使ったりするところは、似ているかもしれません。



カテゴリー: フィリピン タグ:

妻のパスポートが届いた

2009 年 4 月 25 日 コメント 2 件

妻のパスポートがフィリピン領事館から届きました。
3月19日に申請したから、5週間ほどかかりました。
まあでも順調です。途中イースターがありますのでしょうがないところ。
でもパスポートの発効日が前回の発効日よりも1週間ぐらい先になって、有効期限が若干増えたのがいいところ。

パスポートの色は前回は緑色だったのですが、今回は前々回までと同じ茶色に戻りました。最後のページに領事のサインがあったのですが、それはなくなりました。
今回からパスポートが日本のパスポートと同じくICチップが内蔵されているそうで、電子証明が入ったから必要なくなったんですかね。

妻は来日して15年ほど経ちますが、日本に帰化するかどうか迷っています。永住ビザがあるのでフィリピンに帰れとは言われませんが、日本にいるときはパスポートの5年後との延長が必要です。日本から出国するときは再入国ビザが必要だったり、もし海外へ旅行するときは、日本人はほとんどビザは必要ありませんが、ビザが必要な国は多いです。

他に戸籍謄本には妻の名前は触れていますが、一覧には載っていません。住民票にも妻の名前はなく外国人登録済証明書になります。
ちと面倒です。

日本に帰化する場合、交通違反などの軽微な犯罪を犯していないし、たぶん可能だと思いますが、失うものもあります。

フィリピン国籍をなくしますと、フィリピンでは土地や建物の所有権はなくなります。
企業の株の半分以上を持つことはできなくなります。これらは外国人に抑えられないための法律ですが、フィリピン国内に万一のときのための安い家がありますのでそれを失うことになります。

妻は万一離婚したら、自分が住む場所としてフィリピン国内に家を持っていたいという考えがあるようです。万一ですけれど。

さて、これから名古屋の入国管理局へ行かねばなりません。
パスポートに永住ビザを転記してもらいます。永住ビザは所得済みなので手続きは簡単。新しいパスポートに判を押してもらうだけです。

昨年4月に移転したそうですね。15年間で3度目の場所になります。フィリピンから来日したときはビザの期間が短かったため数ヶ月に1回行っていましたが、今は数年に1度。5年に1度のパスポートの更新か、フィリピンに行くときに再入国ビザをとるためです。

名古屋の入国管理局
愛知県名古屋市港区正保町5-18
名古屋競馬場のすぐ近くです。 あおなみ線で名古屋競馬場駅徒歩1分

その後は、外国人登録証というIDカードがありますから、「パスポートが変わったよ」というのを区役所へお知らせに行くだけ。

手続きは簡単ですが足を運ばねばなりません。まあ結婚するときの手続きの大変さに比べたら、ぜんぜーん問題ありません。

(後日パスポートの写真を載せよう)

カテゴリー: フィリピン, 家族 タグ: ,