アーカイブ

‘家族’ タグのついている投稿

妻がFriendsterにはまる

2009 年 6 月 5 日 コメントはありません

妻がインターネットに入りだして半年ぐらい経った。

それまでキーボードを打つのもおぼつかなかった。

だって、私は大学で「コンピューターの授業を受けていなかったから」

そんなの私は人に教えてもらったことはないし、娘も息子も私が少し教えたら勝手に触っているので言い訳にはならないけれど、、、


これまで、メールアドレスを与え、いろいろなSNSのIDをとってあげて、smart.fmで日本語の勉強をしたらとアドバイスを与えていた。

フィリピンにいる甥や姪と最近メールのやりとりを始めている。そして、FriendsterのIDを教えてもらってアクセスしてみる。FriendsterというSNSは、大手のSNSの一角を占めるが、最近は他のMySpaceやFacebookに押されているが、アジアでは1位のようだ。


妻のFriendster


甥や姪のプロフィールにある写真を見て、家族や近所の知っている人の写真を見て、喜んでいる。

さらに、私の学校時代の友達を探すにはどうすればいいかと聞く。
検索のこつは、いきなり固有名詞で絞るとミススペルがあったり、登録名が違っていると見つからないからと教えて、、、でもわからないようなので、私が代わりに検索してあげる。

「おぉお、高校時代の友達。久しぶり。高校時代はとても頭がよかったのよ。船員と結婚したんだ」

次にまたいとこの名前で検索して、みつけてアルバムを見る。

「おおお、この写真のこの人は、私たちのGod Parents(日本でいう仲人)だよ。ほら結婚式で あったじゃん。老けたね~(もう15年経っているからね)」

妻の出身地でも検索する。
“Hometown”で地名を入れればいい。

そうすると、小さな部落なのに16人もヒット。人口200人ぐらいだと思うが高確率。
連絡をとっていない姪のページを見つかり、さらに数珠繋ぎで他の姪のページも見つかり、2年前に結婚した姪の夫ととの写真もみつかる。

そんなわけで、妻はFreindSterにはまった。

年齢層は、20代が多く、30代は少ない。
インターネットに常時接続している人はわずかなのでほとんどが、インターネットカフェが電話のモデムでつなげていると思う。でもこの普及率はすごいなぁ。

それにプライベートな写真をこんなにばらまいていいのだろうか。誘拐や殺人、強盗が多いこの国では心配だ。フィリピン人はアルバムが好きだからな。フィリピン人の家に行くと、まず家族のアルバムを見せられる。そんなところからはやっているかもしれない。


今日は妻にノートパソコンを取り上げられてしまった。

やっとiPhone買ったよ

2009 年 5 月 20 日 コメントはありません

iphone

なんかPSPみたい。写真はStoneLoops! of Jurassicaというゲーム。おもしろそうなので買っちゃいました。なぜか$0.99で。
黄色いカバーはマミーショップさんからいただいたものです。

今使っているX01HTのローンがやっと今月終わります。今まで毎月2970円を払っていましたが、来月からホワイトプランの980円です。

iPhone for everybodyのキャンペーンに乗って、妻から許可が下りてやっと購入することができました。お店で買うといろいろと面倒なので、オンラインにしました。

日曜日に免許証を携帯で写真を撮りそれを使って契約したら、水曜日には届きました。

お店ならば即日でしょうけれど、いろいろ縛りがあると面倒なので。

さっそく、apn-disabler.mobileconfigをセットして、G3のパケットを使わないようにして、これで毎月1834円~(4月に息子名義で「ホワイト学割with家族」に入り、その家族という契約なので)。 iPhoneというよりも、iPod touch Phoneです。

なんかWindows Mobileよりずっと使いやすい。

もうすぐ、iPhone の新しいのが出て、メインメモリーやデータ容量や有機ELのすてきなのが発表されますが、とりあえずこれでいいや。また2年後考えます。

いろいろソフトを入れても、1GBしか使っていないようなので、8GBで十分でした。

さてこれから悪いことするかどうか検討しよう。

オンラインで買うときに注意は、メールアドレス(***@i.softbank.jp)がわかりづらかったことです。「手続き完了のご連絡」というメールに以下の文がありまして、詳細設定のURLをクリックして、そこでお申し込み受付番号などの情報を入れると、仮メールアドレスがもらえるんですね。SMSでは届きません。

iPhone3Gをお申し込みのお客さまへ(重要)
お客さまご自身での「アクティベーション作業(

電話機能のロック解除など)」および
「Eメール(i)」の設定が必要となります。
設定方法などの詳細は下記URLからご確認ください。
http://onlineshop.mb.softbank.jp/ols/html/model/iphone/explanation.html

追記: iPhoneのUSIMは普通のSIMと互換性がなく、他の携帯では使えないけれど、X01HTでは使えた。X01HTのSIMはiPhoneでは使えないけれど。
ひょとしたら、X01HTをSIMロックフリーにしているからかもしれない。

カテゴリー: iPhone タグ: ,

情報の共有の限界

2009 年 5 月 19 日 コメントはありません

個人では情報を共有する必要はないから、情報はどこかへメモにして残せばいい。

だけど組織が2人以上になると、お互いに知らないところがでてくるから、どこかで情報を共有しないといけない。

先日お仕事をさせていただいたところは、出入りの情報を1つのメールアドレスで管理するというものだった。たしかに個人がメールアドレスを持っていたら、社員どおしがメールでやりとりしても内容がまったくわからない。

組織が大きくなると、もう顔を付き合わせた管理ができなくなる。

誰が何をやっていることすらよくわからなくなる。するとルールや取り決めが必要になる。

よく社長が社員の顔と名前が一致するのが、200人ぐらいだという。それでいつも顔をつき合わせて入れるのがせいぜい50人。会社の情報共有というのは難しいものだと思う。

技術が進んでいけば、今以上にお互いのことや組織のことを知ることができるだろう。そのためには、情報を発信することをまずしなくてはいけない。そして、その情報をどれだけ効率よく得ることができるかどうかが問題だ。

会社の偉い人は社長秘書という人がいて、情報の咀嚼をしてくれる。

社長の人格や嗜好を知り尽くし、今どんな情報が必要か、それをどう相手に伝えればいいかということを考えている。

これをもし、社員全員の情報を知ることができたとして、すべてを伝えていたらそれは情報洪水になってしまう。そのために、必要なものを必要なだけ伝える。ただ何が必要かというフィルターが課題になりそう。フィルターで落ちてしまった情報はどうするのかな。。

そのフィルターはデジタル的な通すか通さないかではなく、ファジー的に重要な情報は上のほうにするとか(1次元)、左上にするとか(2次元)、左上高(3次元)、左上高明るい色(4次元)、左上高明るいフラッシング(5次元)、、、(遊んじゃった)なんてすればいいかな。

話を戻して、人は1日24時間、活動できる時間は限られている。

勤務時間は8時間、寝る時間は7時間ぐらい、家で家族と過ごす時間も限られている。その中で何をすべきか。

勤務時間の中でお互いに情報共有して一緒に仕事をどれだけできるのか。情報をどれだけ共有すればいいのか、、、考えることは山ほどあるな。

その中でコンピューターを使って自動化できることは自動化すればいいし、できないことは顔をつき合わしてやればいい。

でも、結局はどの情報を捨てるか、どの仕事を人を信用して任せるかということなのかもしれない。

カテゴリー: Google Apps, ビジネス タグ: