アーカイブ

‘起業’ タグのついている投稿

[本]金融資本主義を超えて―僕のハーバードMBA留学記

2009 年 10 月 31 日 コメントはありません
金融資本主義を超えて―僕のハーバードMBA留学記 (文春文庫)
金融資本主義を超えて―僕のハーバードMBA留学記 (文春文庫)
おすすめ平均
stars我らの時代に
stars羊頭狗肉
stars数年後また読みかえすことでしょう。
starsハーバードMBA留学から起業に至ったキャリアの源泉
starsルールメイカーではない

Amazonで詳しく見る by G-Tools

エリートであると同時に社会的使命を感じている起業家になるまでの半生と、ハーバードビジネススクールでの留学体験記。

私にとって、この本は若いときに野望を抱きながら迷いがあったときを思い返して読みながら読みました。いまこのときも起業をしているのだが、彼の考えていることと同じようなことを思います。

私よりも10年以上若いながら、頭が良く才能があり、いづれ日本や世界を引っ張っていくような人材の一人であると思います。

私は名古屋大学の数学科を卒業しました。数学がパズルを解いたり作ったりすることが好きで、田舎の高校では数学はほとんど独学ながらトップでした。数学科の卒業生には生命保険や損害保険会社に就職する人がいます。それは保険の資格、アクチュアリを取得するには統計学や微積分など大学の数学科卒業レベルがないと難しいからです。私もアンダーセンコンサルティングへ進まなかったら、生命保険会社に就職していたかもしれません(内々定はもらっていました)。ただ倒産した太陽生命だったんですが。

アンダーセンコンサルティングは著者が入社したBCGとは違って、システムに比重を置いたところです。私にとってはコンピューターやAIに関わることができる点でよかったのですが、周りにはMBAや行政大学院などへ行った人もいました。在社していた時は、著者がいうようにMBAをとる必要がないくらい、高給を貰いながら同じような経験を身につけることができるよと言われていました。たぶん正しいと思いますが、私も別の道を歩もうと思っていたため、それは不十分で著者と同じように語る資格はありません。いまの考えで20年前に戻れば、もっと真面目に上司のいうことを聞いて仕事に取り組んでいたら別の道もあったかもしれません。でも大学院で、経験だけでなくて鷹の目で俯瞰することも大事だと思います。そして、世界中からの優秀な人と一緒に学ぶことができるというのは同感です。アンダーセンにいた頃に3年で5回ほど、シカゴにある企業内学校へ行かせてもらいました。シカゴ近郊のセント・チャールズという街で、もともとは私立大学だったところを買い取ったようでMBAに準じた体験を得ることができたと思います。アジア出身の優秀な人たちと英語で話したり、ヨーロッパ/南アフリカ/オーストラリアの同世代の人たちと一緒に過ごせたことはよかったと思います。もうちょっと英語ができたら、もっと深く突っ込んで話ができたのにと思います。アジア出身の人たちはみんなエリートでお金持ちの師弟ですが、東京に遊びに行きたいから案内してくれと言ったときに私の貧乏アパートを見せていいのかなぁと心配になりました。

著者の留学や仕事と比べると、私のは規模も小さくお粗末なんですが、少しは昔の生き生きした自分を思い出すことができました。20代の頃は失敗も多かったのですが、いろいろ選択肢があり輝いていたような気がします。いまは、、、、家庭と生活費に追われて、、、でもどうにかしたいというところですか。

自分のことを語っていてもしょうがないので、本の中から自分の気になったことの引用です。

インチュイットの創始者スコット・クックの「成功すベンチャーの3条件」

  1. 大きな市場
    誰もがやっているもの、かかわりがあるものを対象にせよ。
  2. そこに大きな非効率があり、顧客が不便さ、「痛み」を感じている業界を選べ
  3. その不便さを解消できる、新しいソリューションを提供せよ

イーベイのCEO、メグ・ウィットマンのキャリアに関するメッセージ

  1. Do something you enjoy
    職場は朝から晩までいるのだから、本当に楽しいと思える仕事をしなさい
  2. Deliver results
    仕事が与えられたら、その大小や自分の役割にかかわらず、とにかく必死になって結果を出しなさい。そこからチャンスが次々と広がっていくはず
  3. Note down your leaning
    私は7社を渡り歩いたけれど、月に1回は自分の仕事を振り返り、学んだことをノートに書き留めることにした。皆さんもそうされたし。
  4. Be patient – career is a marathon, not a sprint
    昇進などを焦らないこと。私がHBSにいたときはとにかく最年少で出世しなければ、とのプレッシャーにかられていたけれど、キャリアは短距離走ではない。マラソンなのだからじっくり駆け抜けて
  5. Build a great team, and share credit with them
    自分一人でできることはたかが知れている。周りを優秀な人たちで固めて、成功を彼らと分かち合うようにすることが大切。
  6. Be fun to work with
    一緒に仕事をしていて、楽しい人でいることを心がけよう。
  7. Don’t be afraid to ask question
    わからないことは、ためらわずに質問すること。
  8. Don’t take yourself too seriously
    うまくいっていないときは、あまり悩まずに軽く流すようにする
  9. Don’t compromise your integrity
    自分の価値観、倫理観に反するような行動を要求されたときは、その職場は辞めどきと考えるべし
  10. Don’t drink your own bath water
    自分の成功に浸かりすぎない。過信せずに、成功できたのは環境のおかげ、周りの人たちのおかげ、運のおかげと考え、絶えず自分に何が足りないかを振り返ること

著者の言葉は、私が考えていることとかなり近いので、あえて取り上げることはいしませんが、勇気づけられました。

新しい価値を創造していくことが世の中には必要だと思います。

現在、何も不満や不都合がなければ新しい価値をつくる必要はありませんが、いろいろな問題は絶えず噴出しています。その問題を解決するため、将来出てくる問題を想定して、人間生活の不満を解決していくためには、知恵を振り絞り、様々な制約の中で突き進んでいかねばなりません。

私たちは生きている以上、自分の持っている能力を総動員して、世の中に対して何らかの貢献をする義務があります。著者のような優秀な人で志のある人は、リーダーになってもらい、私は私のできる範囲で。

ただ不満や問題というのは、実は人間が自ら生み出しているんです。

「いまある服や食べ物でいいじゃないですか、いま生きているんですから」とおもい、将来に不安を感じたりして、その不安や足りないから、文明は進み、発明/発見があって技術は進み、いまのこうした社会になりました。(あれ、著書に趣旨とちょっとちがうかな)

カテゴリー: ビジネス, , 起業 タグ: , , ,

[本]芸術起業論

2009 年 10 月 6 日 コメントはありません
芸術起業論
芸術起業論
おすすめ平均
stars芸術家として時代の証人として
stars百花繚乱魑魅魍魎森羅万象カイカイキキ☆
stars富の引きよせ
stars考えさせられる本
stars残念な芸術論

Amazonで詳しく見る by G-Tools

実物大のフィギュアが1億円を超える値段で売れたこと、彼のことはそれぐらいしか知らない。

この本では、芸術家として生きつづけることは事業を起こしてお金を稼ぎながら生きていかねばならないこと、そしてそれは金儲け主義と揶揄されながらも戦略的にやらなければ生き残る術はないということを教えてくれる。

芸術のターゲットは、お金持ちである。普通の娯楽には見飽きた人が将来の投資として買うこともあるし、芸術・文化のパトロンとして歴史を残すという社会的意義を見出すのかもしれない。ターゲットに価値のあるものとして認めてもらうためには、マスターベーション的な自己表現だけでは不十分で、過去から人間がつむぎだしてきた文化の系統に則った文脈として表現しなければならない。

その文脈(コンテクスト)をターゲットに十分に説明せずして、単独の芸術作品はありえない。

文脈をとらえること

芸術作品をつくっただけでは人々に訴えることができない。それを説明する人が実は一番重要。美術は欧米特にアメリカが中心なので、きちんと英訳して説明できることが大事。そして、欧米の歴史や彼らの理解できる文脈の中で説明して伝えることができなければ、意味がない。

スケールメリット

美術作品は投機作品でもあるので、投機対象になるというような説明を与えて理解してもらわないと価値が出てこない。起業にも似たようなことがある。この会社の製品やサービスが将来伸びるかもしれないという幻想を与えること。株価というものも、ある意味幻想の上になりたっているところもあるので、その幻想のスキームを形成することが大切だ。

また世界規模で考えないと、欧米を中心とした広い市場になりえない。欧米圏の歴史や考え方を理解して、彼らの文脈に飛び込むこと。どうせ日本人は「しょうゆ味」のイエローモンキーなので、欧米からは異分子と見られることが普通で、その上で理解してもらう、メリットがあることを説明する。

本では村上氏の話し言葉をそのまま記述したような、繰り返しで文章として未熟なものも見られる。しかし逆にそれが村上氏のこみ上げる思いを伝えるようになっている。

表現者としてクリエーターとして、芸術家として何をするべきか。

事業分野は違えども、共感する部分は多かった。アートの分野でビジネスというのを取り入れたことも、彼の成功につながっているのではないだろうか。もちろん彼の作品もオリジナリティがあり、すばらしいものである。(ちょっと恥ずかしいのだけれど、それもいいんだろうな)

村上隆氏のマイ・ロンサム・カウボーイ

カテゴリー: , 起業 タグ: ,

ダライ・ラマ法王の講演会「地球の未来」への対話

2009 年 9 月 12 日 コメントはありません

知り合いの会社が主催していますので紹介します。

日時 2009年11月1日(日)13:00~16:30(開場12:00/ロビー開場は11:30)
内容 講話と対話
登壇者
  • ダライ・ラマ法王14世(ノーベル平和賞受賞者)
  • 清水? 博 (東京大学名誉教授/NPO法人「場の研究所」所長/薬学博士 )
  • 田坂 広志 (多摩大学大学院教授/シンクタンク・ソフィアバンク代表/社会起業家フォーラム代表)
  • 竹村 真一 (文化人類学者/京都造形芸術大学教授/Earth Literacy Program代表)
  • 星野 克美 (多摩大学大学院経営情報学研究科教授/日本技術者連盟会長/日本マーケティングプライバシー認証機構理事長)
  • 企画・モデレーター:尾中 謙文(青山プランニングアーツ代表/認知科学者)

詳しくはこちらのページをご覧ください。チケットぴあで購入できます。
http://www.tibethouse.jp/dalai_lama/2009japan/tokyo_science.html

また、ダライ・ラマ法王は出席されませんが、プレイベントも開催されます。

こちらもよろしかったら、ぜひ参加してね。
詳しくはこちらのページをご覧ください。
http://www.apa.ne.jp/taiwa/

また、ダライ・ラマ法王にインタビューしたDVDもございます。
貴重な映像がありますので、ぜひよろしくお願いします。

http://creative.apa.vg/mtrc/mtrc.wmv

http://www.shachotv.jp/dalai/index.html

昔勤めていた会社だけれど、東京へ行ったときに仕事を手伝っています。

このHPの制作なども手伝いました。

カテゴリー: 未分類 タグ: ,